学校休んじゃ嫌だよ…?『ひぐらし』園崎魅音のゾッとする‟トラウマ台詞”といえば

掲載/更新 0
学校休んじゃ嫌だよ…?『ひぐらし』園崎魅音のゾッとする‟トラウマ台詞”といえば
15年以上前からアニメやゲーム展開を続ける『ひぐらしのなく頃に』。恐怖と感動の両方を持つ本作は、名言も数多く存在します。今回は園崎魅音のトラウマになるような‟ぞっとした台詞”をピックアップ!
IMAGE
雛見沢村で起きる‟オヤシロ様の祟り”を皮切りに、キャラクターたちが‟ループする惨劇”に立ち向かう姿を描いた『ひぐらしのなく頃に』。2006年に初めてアニメ化されてから、その恐ろしい描写で毎回「怖すぎ!」とお茶の間に衝撃を与えてきました。

15年以上前から様々な展開をしている『ひぐらし』には印象深いセリフも数多く存在します。
そこで今回は、主人公・圭一の友達である園崎魅音の、皆がトラウマになるような‟ぞっとした台詞”&シーンをご紹介。
魅音といえば、サバサバしたリーダーでありながら、誰もが恐れる村の御三家・園崎家の次期当主という違う顔も持っていますが……?

今回は旧作の序盤『鬼隠し編』からピックアップしてご紹介します。

「明日、学校休んじゃ嫌だよ…?」

連続怪死事件のことで友達のレナや魅音に対して疑心暗鬼になり、刑事の大石と接触しはじめた圭一。
そんな圭一の家へ、いつもと変わらぬ様子で魅音がやってくるのですが……。

魅音はふいに声のトーンを落とし、何を隠れてやっても全てお見通しであると恐怖の忠告。
立ちすくむ圭一に「明日、学校休んじゃ嫌だよ…?」と、とどめをさすのです。
久々に旧作『ひぐらしのなく頃に』を観返したファンからは、「当時、魅音がこのセリフを発した時が一番怖かったのを思い出した」という声も。

ほかにも「言葉の意味はやさしいのに、声のトーンだけでこんなに背筋が冷たくなるとは……」、「絶対に学校休めない!」と多くの人を震えあがらせました。

「……圭ちゃんに全部ばらしたの、あの野郎か」

ある日、命を狙われた時に備えてバットで素振りを始めた圭一に、みんなが怖がってるからやめるよう言う魅音。
しかし圭一は、園崎家の魅音がダム建設反対運動で暴れたこと、失踪した悟史のことなどを自分に隠していたことを責め、「お前らは仲間じゃない」と吐きすてます。

「ひどいよ」と涙を流す魅音ですが──次の瞬間、「圭ちゃんに全部ばらしたの、あの野郎か」と鬼の形相に。
‟あの野郎”とは大石刑事のことで、昔から目をつけられている園崎家にとっては疎ましい存在でした。
さらに、今度こそ大石の命を奪ってやる……と体をワナワナ震わせる魅音。
この『鬼隠し編』では、魅音を演じる声優・ゆきのさつき(雪野五月)さんによる、ドスのきいた声の「迫力がすごい」と話題に。

『犬夜叉』の日暮かごめ、『銀魂』の志村妙など幅広い役を演じるゆきのさんですが、今はゆきのさんといえば魅音を思い浮かべる人も多いかもしれません。
17 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません