学校休んじゃ嫌だよ…?『ひぐらし』園崎魅音のゾッとする‟トラウマ台詞”といえば

学校休んじゃ嫌だよ…?『ひぐらし』園崎魅音のゾッとする‟トラウマ台詞”といえば
15年以上前からアニメやゲーム展開を続ける『ひぐらしのなく頃に』。恐怖と感動の両方を持つ本作は、名言も数多く存在します。今回は園崎魅音のトラウマになるような‟ぞっとした台詞”をピックアップ!
IMAGE
雛見沢村で起きる‟オヤシロ様の祟り”を皮切りに、キャラクターたちが‟ループする惨劇”に立ち向かう姿を描いた『ひぐらしのなく頃に』。2006年に初めてアニメ化されてから、その恐ろしい描写で毎回「怖すぎ!」とお茶の間に衝撃を与えてきました。

15年以上前から様々な展開をしている『ひぐらし』には印象深いセリフも数多く存在します。
そこで今回は、主人公・圭一の友達である園崎魅音の、皆がトラウマになるような‟ぞっとした台詞”&シーンをご紹介。
魅音といえば、サバサバしたリーダーでありながら、誰もが恐れる村の御三家・園崎家の次期当主という違う顔も持っていますが……?

今回は旧作の序盤『鬼隠し編』からピックアップしてご紹介します。

「明日、学校休んじゃ嫌だよ…?」

連続怪死事件のことで友達のレナや魅音に対して疑心暗鬼になり、刑事の大石と接触しはじめた圭一。
そんな圭一の家へ、いつもと変わらぬ様子で魅音がやってくるのですが……。

魅音はふいに声のトーンを落とし、何を隠れてやっても全てお見通しであると恐怖の忠告。
立ちすくむ圭一に「明日、学校休んじゃ嫌だよ…?」と、とどめをさすのです。
17 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは