『鬼滅の刃 遊郭編』の名言が刺さる。宇髄と炭治郎、ふたりが抱える後悔と覚悟

掲載/更新 0
『鬼滅の刃 遊郭編』の名言が刺さる。宇髄と炭治郎、ふたりが抱える後悔と覚悟
“鬼滅ロス”の声が出るほど人々を熱狂させたアニメ『鬼滅の刃 遊郭編』。作中では印象深い名言がいくつも飛び出しました。本記事では特に印象に残った宇髄天元や竈門炭治郎のセリフを振り返ります。
IMAGE
物語の結末も無事大団円を迎え放送自体は2月に終了したものの、まだまだ話題も冷めやらぬアニメ『鬼滅の刃 遊郭編』。
続編である刀鍛冶の里編も放送が決定し、この先も『鬼滅の刃』人気で引き続き盛り上がる日々が続きそうですね。

数々の名言を生み出した『鬼滅の刃』ですが、『遊郭編』にも胸を打つ言葉が多々あったかと思います。
多くのファンを魅了したあのキャラのギャップが垣間見えたセリフや、本エピソードのテーマを総括するあのキャラのセリフなど、遊郭編という物語の魅力が存分に凝縮された名言を振り返りましょう。

DVD-BOX『鬼滅の刃 遊郭編』全11話 画像

DVD-BOX『鬼滅の刃 遊郭編』全11話 より

選ばれなかった人々の物語…音柱・宇髄のギャップ

まずひとつめの言葉は、上弦の陸・妓夫太郎の思わぬ登場で窮地に陥った音柱・宇髄天元のこちらのセリフ。

「俺に才能なんてもんがあるように見えるか?
俺程度でそう見えるならテメェの人生幸せだな」

「俺が選ばれてる? ふざけんじゃねえ
俺の手のひらから今までどれだけの命が零れたと思ってるんだ」

(『鬼滅の刃』10巻より引用)

人であった頃から遊郭最下層の街で、虐げられながら生きてきた妓夫太郎。
そんな彼が相対した宇髄を酷く妬んだセリフに、宇髄が返した言葉が上記のセリフです。

DVD『鬼滅の刃 遊郭編』1巻 画像

DVD『鬼滅の刃 遊郭編』1巻 より

確かに宇髄は、鬼殺隊最高峰の実力者・柱の中でも二番目に大きな体格や麗しい見目を持ち、加えてなにかと派手好きな性格の男です。
さらに炭治郎たちへの不遜な態度からも、彼の事をやや傲慢な自信家だと思っていた人もきっと多かったはず。

そんな彼がこのセリフで垣間見せた、思わぬ一面であり彼のコンプレックス。そのギャップに、宇髄のイメージが180度変わった!という人もいたことでしょう。

妓夫太郎に相対した際に彼が発したセリフは、これまでに救うことができなかった多くの命への後悔や、自責の念が強く感じられます。
25 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません