『ONE PIECE』サンジの優しさにも納得。魅力的な“母キャラ”5選。その愛は海より深い…

『ONE PIECE』サンジの優しさにも納得。魅力的な“母キャラ”5選。その愛は海より深い…
尾田栄一郎先生が描く『ONE PIECE』には、ベルメールやポートガス・D・ルージュをはじめ海の冒険者たちを生み、育てた“母”ポジションのキャラクターが存在します。本記事では、表立った活躍はなくとも子どもたちを大きな愛で包み感動をくれた彼女たちの魅力をお伝えします。
IMAGE
海賊マンガ『ONE PIECE』の世界において、正体不明だったりすでに亡くなっていることも多い“母”ポジションのキャラクターたち。作者・尾田栄一郎先生はコミックス78巻のSBS(質問)コーナーで「どうして母親が死んでいたり不明のキャラクターが多いのか」という質問に対し「冒険の対義語は母」と回答されていました。

いつどんなときも子どもを守り、あたたかく包み込む安心の象徴ともいうべき母の存在は、ワクワクすると共に常に危険や困難とも隣り合わせの冒険とは正反対に位置するもの。そのため、冒険を描きたいと強く考える尾田先生は主人公・モンキー・D・ルフィの母ですらその存在を明かすことや描くことに重きを置いていないよう。

しかしながら、ベルメールポートガス・D・ルージュなど、作中で登場した母親たちが見せた子どもへの愛情は私たち読者に感動を与えてくれました。

そこで今回はONE PIECE』に登場する強く心優しい偉大な“母キャラ”5人を、その魅力やエピソードとともにご紹介します。

DVD『ONE PIECE Log Collection “WEDDING"』画像

DVD『ONE PIECE Log Collection “WEDDING"』より

ベルメール、血縁よりも深い愛。

まずご紹介するのは作品を代表する母キャラといっても過言ではないベルメール

彼女はノジコナミの母としてココヤシ村で二人と暮らしていました。海兵だったころ、ある戦場で衰弱しきっていた当時まだ3歳のノジコと赤ん坊のナミに出会い、身寄りがない二人を自分の子として育てるとを決意するのです。
36 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは