『シン・エヴァ』のある仮説。“惣流”と“式波”ふたりのアスカ、ラストにいたのは…

掲載/更新 0
『シン・エヴァ』のある仮説。“惣流”と“式波”ふたりのアスカ、ラストにいたのは…
『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』より登場したEVA2号機に乗る第2の少女、式波・アスカ・ラングレー。じつは前々から新劇場版と旧シリーズのアスカは“別人”“クローン”だと囁かれてきましたが、最終章公開によりその考察が再び脚光を浴びています。
IMAGE
興行収入100億超えを果たし、早くもAmazon Prime Videoで配信されている映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版』。

本編には式波・アスカ・ラングレークローンであることをほのめかす描写も垣間見え、かねてより囁かれてきた“別人説”“クローン説”が再び注目されているようです。

※記事の性質上、本編の内容に触れています。

“式波”と“惣流”ふたりのアスカ

そもそもアスカとは、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』より登場したEVA2号機に乗る第2の少女。

旧シリーズにも彼女は登場していますが、“式波”ではなく“惣流・アスカ・ラングレー”でした。
さらに、旧シリーズでは家族の愛に満たされず情緒不安定な面が見られたアスカ。ですが、新劇場版のアスカは強気な性格や孤独な点は変わりがないもの、どこか落ち着いた印象に。

加えて加持リョウジ特別な感情を抱いていない(旧シリーズでは恋愛のような憧れを抱いていた)などの点から“別人説”“クローン説”が囁かれてきたのです。
15 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません