安室と萩原が…『名探偵コナン』警察学校編、ゼロの執行人との繋がりに泣いた。古谷徹も「涙が…」

掲載/更新 0
安室と萩原が…『名探偵コナン』警察学校編、ゼロの執行人との繋がりに泣いた。古谷徹も「涙が…」
5月7日に放送された『名探偵コナン』「警察学校編 Wild Police Story CASE.萩原研二」。キャラクター名はもちろん、車の名前もトレンド入りするほどの盛り上がりを見せました。とくにエモかったポイントは?
IMAGE
2022年5月7日に放送された『名探偵コナン』「警察学校編 Wild Police Story CASE.萩原研二」。萩原や安室などの警察学校組メンバーの名前はもちろん、作中に登場した車「RX-7」もTwitterトレンドの上位に入りました。

安室の女”で一躍話題をさらった劇場版『名探偵コナン ゼロの執行人につながる描写もあったようで……?

『名探偵コナン 警察学校編 Wild Police Story』下巻 (小学館)

『名探偵コナン 警察学校編 Wild Police Story』下巻 (小学館)

安室と愛車・RX-7の出会いが明かされキュン♡

今では安室零(降谷零)の愛車としてもおなじみのスポーツカー、マツダRX-7 FD3S。すでに生産が終了した車種ですが、安室ファンが中古車を買い求めたために市場の価格が上がったとも言われるRX-7
そんな安室とRX-7の出会いも描かれた「CASE.萩原研二」は界隈をざわつかせた様子です。

本編にて鬼塚教官が乗っていたRX-7を見て、目を輝かせる安室。車体のデザインが戦闘機の零戦から着想を得ていたため、同じ「ゼロ」として親近感がわいたのではと聞かれ、照れ隠しをするように「あんな派手な車、趣味じゃないよ」と答えます。
のちに安室がRX-7に乗ることを知っているファンからは「うらやましがっていてかわいい!」、「将来あの車に乗るのがエモすぎる」、「照れた表情にキュンキュンする」などの感想が。安室の意外な一面を知ることのできるシーンでした。

受け継がれる萩原の魂がエモい…!

ほかにも注目を集めたのは、RX-7を運転する萩原。鬼気迫る表情でアクセルを踏むシーンや、車体を傾け片側のタイヤだけで走行するドライブテクニックなど、『ゼロの執行人』の安室を彷彿とさせる描写が登場したのです。
このシーンにファンは「安室さんと萩原が重なってエモすぎる」、「ドライビングテクニックは萩原譲りだったのか」と感心。運転シーンのBGMが『ゼロの執行人』のクライマックスと共通していたこともあり、エモさが際立ちます。
さらに絶体絶命のピンチでブレーキではなくアクセルを踏むように指示をした萩原を見て、「『ゼロの執行人』で安室さんがアクセルを踏み込んだときも、萩原の声を思い出したのかな」とグッときた視聴者もいました。
萩原から受け継いだ魂は、今でも安室の中で生き続けているようです。
放送後は安室役の古谷徹さんも感想をツイート。「何故か、クライマックスで涙が、、、。」と萩原たちと連携して事件を解決する場面に心を動かされたようです。
「CASE.萩原研二」を知ったうえで、『ゼロの執行人』などで安室がRX-7を運転するシーンを見直すと、また新たな発見があるかもしれません。また、現在公開中の映画『ハロウィンの花嫁』でも警察学校組が活躍しているのでお見逃しなく!
劇場版『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』特報2【2022年4月15日公開】

■ 伏線があった?劇場版『名探偵コナン』最新作の内容予想に沸く「安室に首輪とは…」「会場爆破?」
https://numan.tokyo/anime/PsC3P
■やったぁぁ!『名探偵コナン 警察学校編』アニメ化発表に感涙…「ツラいけどエモい」「伊達航の声は?」古谷徹も祝福!
https://numan.tokyo/anime/73me1

劇場版『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』

■声の出演
江戸川コナン:高山みなみ
毛利 蘭:山崎和佳奈
毛利小五郎:小山力也
安室 透:古谷 徹
高木 渉:高木 渉
佐藤美和子:湯屋敦子

スペシャルゲスト:白石麻衣

阿笠博士:緒方賢一
吉田歩美:岩居由希子
小嶋元太:高木 渉
円谷光彦:大谷育江
灰原 哀:林原めぐみ

■スタッフ
原作
青山剛昌「名探偵コナン」
(小学館「週刊少年サンデー」連載中)
監督
満仲 勧
脚本
大倉崇裕
音楽
菅野祐悟
主題歌
BUMP OF CHICKEN「クロノスタシス」
(TOY'S FACTORY)
プロデューサー
近藤秀峰 汐口武史 寺島清晃
キャラクター・デザイン/総作画監督
須藤昌朋
美術
佐藤 勝 福島孝喜 石垣 努
色彩設計
中尾総子
撮影
西山 仁
編集
岡田輝満
録音監督
浦上靖之 浦上慶子
音響効果
石野貴久 佐藤理緒
CG監督
小岩寛満

アニメーション制作
トムス・エンタテインメント

製作
小学館/読売テレビ/日本テレビ/ShoPro
/東宝/トムス・エンタテインメント
配給 東宝

©2022 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません