『GALS!』『東京ミュウミュウ』令和は女子アニメのリバイバルがアツい!注目の復活作品4つ

掲載/更新 0
『GALS!』『東京ミュウミュウ』令和は女子アニメのリバイバルがアツい!注目の復活作品4つ
令和は女子アニメのリバイバルがアツい――。令和に入り、続々と復活する昔懐かしの作品。アナタの好きなアニメや漫画はもう登場しましたか? そこで本稿では、令和に再来した“あの名作”たちに注目してみました。
新しい名作が生まれる一方で、続々と復活する昔懐かしの作品たち。令和の時代にリバイバル化され、再び当時の盛り上がりを巻き起こしているそうです。

『快感♥フレーズ』がアプリになって登場!

まずはかつて日本中の女子を虜にした、新條まゆさん原作の『快感♥フレーズ』。
1997年より『少女コミック』(小学館)で連載されていた女子高生×人気ロックバンドとの恋愛模様を描いた伝説的コミックです。累計発行部数1000万部超えを記録し、1999年にはテレビアニメ化。

少女漫画雑誌の連載作品でありながら、過激なラブシーンが話題となり社会現象を巻き起こした『快フレ』。同作が約21年の時を経てアプリゲーム『快感フレーズCLIMAX-NEXT GENERATION-』として復活しました。
ゲーム内ではバンド育成や刺激的な恋愛が楽しめるほか、鈴木達央さんや内田雄馬さんなど豪華声優陣たちの“ダミヘボイス”も堪能できるとか。

ネット上では「うわぁ~、めっちゃ懐かしい!」「中学生のときによく読んでたなぁ」と懐かしむ声が上がると共に、「色々な意味で刺激が強すぎて心臓がもたない」「今や咲也とのラブトークが日課です(笑)」といったゲームの反響も相次いでいます。

伝説のギャル漫画『GALS!』がアプリで連載再開!

また、渋谷の街の“ギャル”たちの恋や友情を描いた藤井みほなさん原作の『GALS!』が約17年ぶりに連載を再開。1998年より『りぼん』(小学館)にて連載されていた同作はスピンオフではなく“続編”として描かれているのだそう。

ファンたちからは「『GALS!』のために『りぼん』を買ってたくらい大好きな作品。連載再開ありがとうー!!」「また寿蘭様たちに会えると思うと、本当に嬉しい!」と歓喜の声が上がっていました。ちなみに同作は、11月5日よりマンガアプリ『マンガMee』にて連載中。

『きんぎょ注意報!』&『東京ミュウミュウ』の“なかよし”勢も!

その一方で、一世を風靡した“なかよし作品”も負けてはいません。
2020年4月24日からは『きんぎょ注意報!』と『東京ミュウミュウ』の2作品、初のBlu-ray BOXを発売されます。

『きんぎょ注意報!』は猫部ねこ先生により1989年から連載された、個性的なキャラクターが活躍する学園コメディ作品。1991年にTVアニメ化された本作のスタッフには、佐藤順一氏(監督/代表作『おジャ魔女どれみ』『ケロロ軍曹』)や幾原邦彦氏(演出/代表作:『さらざんまい』『輪るピングドラム』)らが参加していることに驚く人も。

かつてのファンからは「佐藤順一監督のコメディ全開作」「演出で幾原さんも参加してたなんて!」「声優陣も絶妙に豪華。当時は気づかなかったけど、すごいアニメだったんだな」などの声が上がっています。
16 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません