『ひぐらし卒』第1話 感想と考察。沙都子の行動にゾクッ。梨花への言葉は宣戦布告か?レナの境遇もツラい…

掲載/更新 0
『ひぐらし卒』第1話 感想と考察。沙都子の行動にゾクッ。梨花への言葉は宣戦布告か?レナの境遇もツラい…
7月1日(木)、ついに戦慄の‟解答編”『ひぐらしのなく頃に卒』が放送開始。第1話のみんなの感想や考察を、あらすじを交えてご紹介します。※ネタバレにご注意ください
IMAGE
同人ゲームを原作とし、2006年より放送を開始したアニメ『ひぐらしのなく頃に』。雛見沢村で起きる‟オヤシロ様の祟り”=連続怪死事件を軸に、第1期「鬼隠し編」から第2期「祭囃し編」までが描かれ、2020年秋、完全新作『ひぐらしのなく頃に業』として再アニメ化されました。

そして今年7月1日(木)からは、『業』の解答編となる『ひぐらしのなく頃に卒』が放送開始。「鬼騙し編」の謎を解く第1話「鬼明し編 其の壱」では、早くも沙都子の‟ある行動”に視聴者がざわつきました。
レナの家庭にも不穏な空気が……。

壊れていくレナ、家庭環境に「リアルすぎてつらい」の声

今回の「鬼明し編」は、『業』「鬼騙し編」の裏側で何が起きていたかを種明かしをする章でした。
次々と明かされる意外な事実に視聴者は驚愕。

たとえば、ゴミ山で圭一とレナが大きな‟ケンタくん”人形を見つけるシーン。「鬼騙し編」を見ていた時点では、これが後に圭一に悲劇をもたらすとは誰も思っていなかったのではないでしょうか。

また、「鬼騙し編」は旧作「罪滅ぼし編」の物語がベースになっているよう。レナは離婚により仕事も辞めた父親が、リナという女性に入れ込むのを見て不安を募らせていきます。
レナの両親の顔が描かれたのは今回が初。

そのこともあり「よりレナの家庭環境がリアルに見えてつらい。誰にでも起こりえる話っていうのもあって……」、「母親は別の男のところで、父親も頼りない。レナが一人で‟頑張り物語”するのもわかるわ」と、『ひぐらし』ファンからは改めて同情の声が上がっていました。

沙都子はレナを…!H173の真相に「やっぱりか」

そして視聴者を「やっぱりか……!」と唸らせたのが、レナに目をつけた“黒幕”の沙都子でした。

部活メンバーとの宝探しのあと、体調が悪いと保健室に行くレナ。はっとしたように振り向いた沙都子の顔は、窓に映った目だけが赤く光っており……。
ループしている沙都子と梨花は‟本性”が現れた時たびたび目の色が変わる描写がありましたが、今回赤くなったのは窓に映っている目だけ。これは‟現実では普通の目に見えている”という示唆なのかもしれません。

「鬼騙し編」で謎となっていた、レナの発症についても真実が。
レナに雛見沢症候群を発症させる薬・H173を注射したのは視聴者の予想通り、沙都子でした。
ずっと注目してきた人たちを「やっぱりお前か! もう予想通りすぎて……」、「こんな罪悪感なく、よくできるな……」と唖然とさせる結果となったようです。

沙都子が梨花に宣戦布告?部活シーンの意味は

18 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません