伏線だらけ!?『ONE PIECE』の名曲「ビンクスの酒」の謎。ラフテルへの旅やDの一族、空白の100年にまつわる歌詞が…

掲載/更新 0
伏線だらけ!?『ONE  PIECE』の名曲「ビンクスの酒」の謎。ラフテルへの旅やDの一族、空白の100年にまつわる歌詞が…
『ONE PIECE』ファンなら一度は口ずさんだことのある「ビンクスの酒」。陽気な宴の歌ですが、実は物語最大の謎にまつわる伏線が隠されているとか……!
IMAGE
週刊少年ジャンプにて連載中の『ONE PIECE』。その作中で生まれた名曲「ビンクスの酒」を先日TVアニメ内でロジャー海賊団が歌い注目を集めました。

航海や宴を盛り上げる楽しげな「ビンクスの酒」ですが、実はこの曲の歌詞には「ラフテル」や「ある巨大な王国」の存在など、ONE PIECE』のストーリーに大きく関わる重要なメッセージが込められているらしいのです……!

CD『 ONE PIECE キャラソンBEST "FESTIVAL"』画像

CD『 ONE PIECE キャラソンBEST "FESTIVAL"』

「笑い話」「輪を描く鳥」……歌詞に散りばめられたキーワードとは

一見楽しげな「ビンクスの酒」ですが、その歌詞を読み解いていくと『ONE PIECE』にまつわる様々な事象が浮かび上がってきます。

まず、注目したいのが歌詞を締めくくる「笑い話」という言葉。

主人公であるルフィはもちろん、幾多の海賊たちがしのぎを削り目指すワンピースがあるとされているのは「ラフテル」という島ですが、この名前は最後の島へ到達したロジャーがまるで笑い話だということで英語の“Laugh tale”から名付けたもの。

つまり、最後の歌詞「笑い話」は最後の島「ラフテル」とリンクしているのです。
さらに歌詞の中では「つむぎの里」が出港地点となっているようですが、“つむぎ”は絹織物の意味を持つことから、この里は着物が民族衣装であるワノ国と仮定できます。

ワノ国といえば光月家ですが、ここで気になるのが「空にゃ輪を描く鳥の唄」というフレーズ。

光月家の家紋は、まさに空に輪を描く鳥の紋様光月おでんは、ポーネグリフを読むことができ、ロジャーとラフテルへ辿り着いた仲間の一人でもあります。また、ポーネグリフを生み出したのはかつての光月家であるということも判明しており、ワンピースの正体や古代兵器、空白の100年など『ONE PIECE』最大の謎に密接に関わっていると思われる一族。

加えて「千里の空」=空島、「海割ってく」=エニエスロビーなど、歌詞の節々にルフィやロジャーが通ってきた航路を連想させる表現が登場します。

「ラフテル」へポーネグリフを届ける旅を歌っている?作ったのはあの人物か

そして「ビンクスの酒」の始まりのフレーズは「ビンクスの酒を届けにゆくよ」。

これまで飛び出してきたワードから整理すると、光月家が作ったポーネグリフを、ラフテルへ届けることを表した歌と捉えることができそう。つまり、ワノ国から出港して世界を回り、ロジャーたちより先にラフテルへと到達した者がいた、と考えられるのではないでしょうか。

しかし、ラフテルへ到達できたのは800年の歴史の中でロジャー海賊団だけ。ということは、この歌が最初に歌われたのは空白の100年の間のことという可能性も出てきます。
“ポーネグリフ”“空白の100年”といえばジョイボーイ。空白の100年に実在した彼は魚人島の人魚との約束を果たせなかったことを謝罪するポーネグリフを後世に残しており、魚人島にはジョイボーイに代わって約束を果たしに来る者がいつか現れると言い伝えられてるそう。

ロジャーは自らの死をもって海賊たちがラフテルを目指すことをけしかけたように、ジョイボーイが「ビンクスの酒」を作り、自分の代わりとなる者をラフテルへ導こうとした可能性も考えられます。

また、ロジャー海賊団がポーネグリフを全て揃え、最後の航海の間じゅうこの曲を歌っていたことからも、やはりラフテルへの旅を強く意識した歌であることは間違いなさそう。
17 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません