伏線だらけ!?『ONE PIECE』の名曲「ビンクスの酒」の謎。ラフテルへの旅やDの一族、空白の100年にまつわる歌詞が…

掲載/更新 0
伏線だらけ!?『ONE  PIECE』の名曲「ビンクスの酒」の謎。ラフテルへの旅やDの一族、空白の100年にまつわる歌詞が…
『ONE PIECE』ファンなら一度は口ずさんだことのある「ビンクスの酒」。陽気な宴の歌ですが、実は物語最大の謎にまつわる伏線が隠されているとか……!
IMAGE
週刊少年ジャンプにて連載中の『ONE PIECE』。その作中で生まれた名曲「ビンクスの酒」を先日TVアニメ内でロジャー海賊団が歌い注目を集めました。

航海や宴を盛り上げる楽しげな「ビンクスの酒」ですが、実はこの曲の歌詞には「ラフテル」や「ある巨大な王国」の存在など、ONE PIECE』のストーリーに大きく関わる重要なメッセージが込められているらしいのです……!

CD『 ONE PIECE キャラソンBEST "FESTIVAL"』画像

CD『 ONE PIECE キャラソンBEST "FESTIVAL"』

「笑い話」「輪を描く鳥」……歌詞に散りばめられたキーワードとは

一見楽しげな「ビンクスの酒」ですが、その歌詞を読み解いていくと『ONE PIECE』にまつわる様々な事象が浮かび上がってきます。

まず、注目したいのが歌詞を締めくくる「笑い話」という言葉。

主人公であるルフィはもちろん、幾多の海賊たちがしのぎを削り目指すワンピースがあるとされているのは「ラフテル」という島ですが、この名前は最後の島へ到達したロジャーがまるで笑い話だということで英語の“Laugh tale”から名付けたもの。

つまり、最後の歌詞「笑い話」は最後の島「ラフテル」とリンクしているのです。
17 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません