伏線だらけ!?『ONE PIECE』の名曲「ビンクスの酒」の謎。ラフテルへの旅やDの一族、空白の100年にまつわる歌詞が…

IMAGE
空白の100年に起きた出来事は政府にとって不都合なものであり、徹底的に伏せられています。“ある巨大な王国”もそうして消されてしまった歴史の一つ。だから、政府に気付かれないようにメッセージを「ビンクスの酒」の歌詞に秘め、全てが明らかとなるラフテルへ促し真実を知ってもらおうとした。そう考えると、意味深な歌詞の内容にも納得です。

空白の100年が解き明かされるラフテルへの旅を促す「ビンクスの酒」が“ある巨大な王国”の名前から来ているとしたら…ぞくっとしますよね。

“Dの一族”との関わりも?

さらに、「ビンクスの酒」には気になる歌詞が他にも。“Dの一族”とも関わりがあるようなのです。

指摘されているのは終盤の「手を振る影にもう会えないよ」「何をくよくよ明日も月夜」というフレーズ。哀愁漂う表現に加えて、“月”のワードが。これらは、元々月の住民であったのではと噂される“Dの一族”が故郷の月を想っている歌詞なのではと囁かれているのです。

“Dの一族”も、空白の100年を語るには欠かせない一族です。ますます「ビンクスの酒」深い意味を持つ歌である可能性が高まってきました。

歌詞の随所から重要なメッセージ性が伺える伏線の宝庫といっても過言ではない一曲、みなさんはどう考えますか?
17 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは