『ひぐらし卒』第3話 感想と考察 “鬼騙し編”真相に絶望…レナの狂気が恐ろしい。圭一は発症したのか?

掲載/更新 0
 『ひぐらし卒』第3話 感想と考察 “鬼騙し編”真相に絶望…レナの狂気が恐ろしい。圭一は発症したのか?
7月8日(木)、前作『業』解答編『ひぐらしのなく頃に卒』第3話「鬼明し編 其の参」が放送。みんなの感想や考察を、あらすじを交えてご紹介します。※ネタバレにご注意ください
IMAGE
同人ゲームを原作とし、2006年より放送を開始したアニメ『ひぐらしのなく頃に』。
雛見沢村で起きる‟オヤシロ様の祟り”=連続怪死事件を軸に、第1期「鬼隠し編」から第2期「祭囃し編」までが描かれ、2020年秋、完全新作『ひぐらしのなく頃に業』として再アニメ化されました。

今年7月1日(木)からは、『業』の解答編となる『ひぐらしのなく頃に卒』が放送開始。

7月8日(木)に放送された第3話「鬼明し編 其の参」では、レナがとうとう凶行に走る裏で、梨花の絶望や圭一のある疑惑が話題に。視聴者が注目したポイントは?

妄想が悪化するレナ。沙都子に「白々しくてぞっとする」の声。

学校でも雛見沢症候群で首をかきむしり、リナを始末したことがいつバレるかと不安を募らせるレナ。
そこに「どうかしたんですの?」と話しかけてきたのは……雛見沢症候群を発症させる薬をレナに投与した張本人、沙都子でした。

その姿に視聴者からは「なんて白々しい……」、「もうアニメ界きっての悪役に見えてきた。でも‟悪い沙都子”を楽しみにしてる自分もいる」との声が。

『卒』では沙都子が暗躍するシーンが度々登場しますが、「怖い」と思う一方、その黒幕っぷりがファンを沸かせているようです。
さらに、圭一が大石と電話で話しているのを聞いてしまうレナ。

『業』では、ふすまの隙間から部屋を覗くレナがかなりホラーチックだったため、圭一の妄想とも思われていました。
しかし、今回はレナ側からの視点が描かれ「圭一に犯行がバレたと思って本当に焦ってたんだね」、「そりゃ必死で覗くわ」と多くの人は合点がいったよう。

同時に、レナの狂気の表情と、レナ役・中原麻衣さんの演技が「相変わらずすごい」、「『卒』ではほんと、新たなレナが開花したよね」と、称賛する声は増えるばかりです。

絶望する梨花…沙都子とループ勝負のはじまり

もう一つ注目が集まったのが梨花。
梨花は今回、圭一が疑心暗鬼で旧作と同じ惨劇を繰り返さないよう、悩みがないか聞いたり‟対策”をしていました。

圭一がレナを家に入れた時も、「もう大丈夫なのです」と一安心し、「『業』でこのシーンを見ていた時の自分が、まさにこれです……」という視聴者も。

しかし、梨花はレナが発症するとは思っていなかったため、旧作「鬼隠し編」と‟反転”して圭一がレナに襲われるという、予想外の結果に……。後日、圭一が意識不明だと聞いた梨花は、『ひぐらし』の名台詞「嘘だっ!」を叫び混乱していました。

「ついに梨花ちゃんの‟嘘だ”、キター!」と視聴者を興奮させる一方、「うまくいかないのは全て沙都子のせいだって知った時、憎くなったのかな」と切ない気持ちにもさせたようです。
沙都子にとっては、何度もループして惨劇に絶望した梨花が、最終的に雛見沢を出るのをあきらめればOKであり、今回の世界で‟梨花と雛見沢で幸せに暮らす”という目的が叶わなくても、気にしていないよう。

また、特に次の章「綿騙し編」では梨花は誰かの手にかかったという意見が多く見られましたが、今回の結末を見て、「これ、梨花ちゃん自分で……って可能性出てきたな」と疑ったり、「毎回こんなつらいシーン見なきゃいけないの!?」とショックを受けた人も多数見られました。
19 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません