沙都子の呟きは一体…『ひぐらし卒』第2話 感想と考察。まさかの“SSRリナ”!?「同情する日が来るとは」「逃げてー」

掲載/更新 0
沙都子の呟きは一体…『ひぐらし卒』第2話 感想と考察。まさかの“SSRリナ”!?「同情する日が来るとは」「逃げてー」
7月1日(木)、ついに戦慄の‟解答編”『ひぐらしのなく頃に卒』が放送開始。第1話と連続で放送された第2話の、みんなの感想や考察をあらすじを交えてご紹介します。※ネタバレにご注意ください
IMAGE
同人ゲームを原作とし、2006年より放送を開始したアニメ『ひぐらしのなく頃に』。雛見沢村で起きる‟オヤシロ様の祟り”=連続怪死事件を軸に、第1期「鬼隠し編」から第2期「祭囃し編」までが描かれ、2020年秋、完全新作『ひぐらしのなく頃に業』として再アニメ化されました。

そして今年7月1日(木)からは、『業』の解答編となる『ひぐらしのなく頃に卒』が放送開始。
「鬼騙し編」の謎を解く第2話「鬼明し編 其の弐」ではあの人物のまさかの改心に驚愕……!?
またレナが圭一を襲った意外な理由にもネットがザワついていたようです。

SSRリナ登場に騒然! 狂気満ちたレナの演技にも絶賛

今回特に盛り上がったのは、レナの父親が入れ込んでいるホステス・リナの変化。
旧作「罪滅ぼし編」の世界では、鉄平と一緒にレナの父から金を巻き上げていましたが……今回はレナに会いに来て、子どものいるレナの父にこれ以上お金を貢がせたくないと告げたのです。

『業』で改心し「SSR鉄平」と呼ばれた鉄平に続き、浄化されたリナの登場に「まさかのSSRリナ!?」とネットは騒然。​
しかし、雛見沢症候群を発症したレナはリナを悪だと思いこみ、その手にかけようと──。
旧作ではその悪女ぶりにファンから嫌われていたリナでしたが、今回はリナの惨劇回避を応援する声が。
「リナにだけは同情できないと思ってた……」「リナを可哀想に思ってしまう日が来るとは」「逃げてー!」と、旧作とは違うリナに戸惑う視聴者が多かった様子です。

逃げ惑い「ごめんなさいごめんなさい……」と繰り返すリナは、旧作「鬼隠し編」で圭一に謝っていたレナを彷彿とさせ、そこでも「なつかしい!」と多くの人が反応していました。
また、レナの「お父さん、今度はちゃんと頑張ったよ」と笑う狂気に満ちたシーンなど、『卒』のレナを演じる中原麻衣さんの演技が「全体的に神がかってる」と、その実力も改めて話題を呼んでいます。

気になるのは、雛見沢に梨花を留まらせることができたら幸せにしてあげる……という、沙都子がつぶやいた言葉。
レナが雛見沢症候群を発症し誰かを手にかけることが、梨花を雛見沢に留めることにどう役立つのか?
『ひぐらし』ファンは考察に苦戦しているようです。

1話の伏線回収!圭一の行動を悔やむ声

『業』「鬼騙し編」で最大の疑問となったのは、なぜレナは最後に圭一まで襲うことになったのかという点。
引き金は、第1話でレナと圭一が見つけた‟ケンタくん”人形だったことが判明しました。
部活に参加せずリナをゴミ山に隠すレナですが、ケンタくんを取るのに苦戦してると勘違いした圭一が、手伝いに来てしまったのです。

発症による妄想で犯行の証拠を見られたと思いこみ、圭一の始末を決意するレナ。
「だから圭ちゃんがロックオンされたのか!」、「レナの目つきがおかしかったけど、まさかあのゴミ山のシーンで既に殺意があったとは」と理由がわかりスッキリした一方、「ケンタくんさえ見つけなければ……」と悔やむ声も出ていました。
17 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません