『コナン』と『金田一』犯人には傾向が!?ノンスタ井上の調査に納得…。眉毛が太い、あと2つは?

掲載/更新 0
『コナン』と『金田一』犯人には傾向が!?ノンスタ井上の調査に納得…。眉毛が太い、あと2つは?
バラエティ番組『この差って何ですか?』で『名探偵コナン』と『金田一少年の事件簿』特集、第2弾が放送! 2作品にある魅力の差と共通点とは?
IMAGE
2020年9月1日、TBS系『この差って何ですか?』にて、『名探偵コナン』(以下『コナン』)と『金田一少年の事件簿』(以下『金田一』)の両作品の魅力に迫る特集の第2弾が放送されました!

今回クローズアップされたのは“差”ではなく、なんと“共通点”。両作品に登場する犯人に関する結果、ある傾向が見えてきたのだとか……!

『コナン』と『金田一』魅力の差は!?

前回の放送では、『コナン』と『金田一』の魅力の差について特集。両作品について芸能界イチ詳しいと豪語するNONSTYLEの井上裕介さんが、今まで描かれてきた329の事件と362人の犯人(番組調べ)について徹底的に調査します。

『コナン』の場合、その魅力は「トリックを解くのが面白い」点にあると紹介。被害者のダイイングメッセージと遺留品だけで犯人がわかることもあるなど、誰でも頑張ればトリックが解けると例を挙げて語りました。

『名探偵コナン』98巻 (小学館)

『名探偵コナン』98巻 (小学館)

いっぽう『金田一』の場合は「動機が泣ける」のが魅力だそう。犯人が悪いわけではなく、逆に被害者が悪いパターンが多いとのことで、こちらについてもスタジオからは納得の声が上がっていました。
それらの魅力の差を踏まえつつ、今回あらたに報告されたのは、両作品に共通する「犯人の傾向」。調査したところ、異なる作品にも関わらず、犯人の見た目や行動に似た傾向があるらしいのです。

そしてそれらを踏まえれば、現在『イブニング』で連載中の『金田一37歳の事件簿』の犯人も、本誌掲載前に当てられる!と自信満々の井上さん。

気になるその共通点は、「たしかに!」と唸ってしまうものばかりでした。

犯人の見た目に傾向があった!?

両作品の犯人の共通点ですが、まずは見た目の傾向として「眉毛が太い男性」があげられるそう。これは特に、コナンにおいて顕著なんだとか。続いて「美男美女」「タレ目」とその特徴があげられます。

井上さんはコナンのひとコマから「ブサイクだと濡れ衣を着せられる」と例をあげたほか、「タレ目だと純朴で、良い人そうに見えることから、ミスリードさせるためなのでは」と解説。
20 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません