『ONE PIECE』第985話 ルフィとゾロ、怒る2人がカッコいい!“空島”を思い出す嬉しい場面も

掲載/更新 0
『ONE PIECE』第985話 ルフィとゾロ、怒る2人がカッコいい!“空島”を思い出す嬉しい場面も
アニメ『ONE PIECE』(ワンピース)第985話を振り返り! 安定の方向音痴ぶりを発揮するゾロに反響が。「空島」でのあのシーンを思い出す? また、ルフィとゾロの想いに視聴者感動……! 見どころや感想をご紹介します。
IMAGE
尾田栄一郎先生原作のTVアニメ『ONE PIECE』(ワンピース)。8月1日に放送された第985話は「お玉への思い ルフィ怒りの一撃」。おしるこを粗末に扱うギフターズを目の当たりにしたルフィゾロは、お腹を空かせたお玉を思いブチ切れる……! 

ルフィとゾロのかっこよさが炸裂した今回。そんな中でゾロのおとぼけな迷子っぷりに視聴者が反応しました。あのシーンを思い出すとの声も……?

DVD『ONE PIECE 20thシーズン ワノ国編』piece.6 画像

DVD『ONE PIECE 20thシーズン ワノ国編』piece.6 より

ゾロの迷子が炸裂!「安定のw」「愛おしい」懐かしのセリフも?

宴に興じるギフターズの間を縫って、ルフィを探すゾロ。カイドウのところに行けば見つかるだろうと考えたゾロは道を案内してもらうのですが……。

案の定、方向音痴が災いして迷子になってしまいます。

前回の放送で見せた覇王色の覇気のような気迫とは打って変わって、ちょっぴりおバカな様子が
安定の迷子w」「ゾロ迷子で可愛い」「迷子のゾロには母性が湧くw」「ゾロの迷子笑う」と反応を集めていました。

いつでもかっこいいゾロの唯一の弱点とも言える方向音痴は、同時に彼の魅力的なポイントの一つでもあります。ゾロ本人はずいぶん歩いたのでカイドウの居場所に近付いたと思い込んでいて、さっきと同じ場所に戻ってきてしまった自覚はありません。そんなおとぼけ具合もファンの心をくすぐったようです。

⇒次ページ:ルフィとゾロ、丁寧な怒りの描写に想いが伝わる…!
14 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません