アニメ『ルパン三世』シリーズの“トラウマ回”を振り返る。巨大脳みそ、謎の赤い目etc.

アニメ『ルパン三世』シリーズの“トラウマ回”を振り返る。巨大脳みそ、謎の赤い目etc.
アニメ化50周年を記念して新作の放送が決定したアニメ『ルパン三世』(日本テレビ系)。同シリーズといえば軽妙でコミカルな作風をイメージしがちですが、実は“トラウマ回”と呼ばれるエピソードも存在しています。気になるその内容とは……?
IMAGE
2021年10月よりスタートするアニメ『ルパン三世 PART6』(日本テレビ系)。
同シリーズは同シリーズといえば軽妙でコミカルな作風をイメージしがちですが、アニメ化50周年を誇る人気タイトルだけに、視聴者の心に強い印象を残したエピソードも数知れず。

そこで今回は、『ルパン三世』シリーズの“トラウマ回”と呼ばれるエピソードをご紹介しましょう。

ルパンの心臓が敵の手に…

まずは1978年に公開された劇場作品第1弾『ルパン三世 ルパンVS複製人間(クローン)』から。

同作でルパンの前に立ち塞がった謎の男・マモーは、なんと1万年前から生きながらえている不死の存在。
本体である“超巨大な脳みそ”はインパクト抜群で、その不気味なビジュアルに衝撃を受けた人も多かったようです。
11 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは