元ネタを知ってた?『ジョジョの奇妙な冒険』の映画オマージュ名場面4選

掲載/更新 0
元ネタを知ってた?『ジョジョの奇妙な冒険』の映画オマージュ名場面4選
映画通で知られる『ジョジョの奇妙な冒険』の作者・荒木飛呂彦先生。それだけに作品本編にも数々の映画オマージュシーンがあるのだとか。『スピード』や『パルプ・フィクション』を彷彿とさせるシーンとは?
人気マンガ『ジョジョの奇妙な冒険』荒木飛呂彦先生は、自身で独自視点の映画評論本を出すほどのシネフィルとして知られています。そして『ジョジョ』のなかにも多数、映画が元ネタの場面が登場しています。

今回は、『ジョジョ』のなかから名作映画が元ネタの独特な名場面を振り返ります。

ラジオCD「ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース オラオラジオ! 」Vol.1

ラジオCD「ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース オラオラジオ! 」Vol.1

第1部:ジョージ・A・ロメロ監督『死霊のえじき』

第一部の主人公・ジョナサンは、宿敵の吸血鬼・ディオを倒し、愛するエリナと船で新婚旅行に出かけます。しかし、ディオは首だけになって生き残っており、ジョナサンの体を乗っ取ろうと船に乗り込んで、手下のワンチェンとともに乗客のほとんどをゾンビに変えてしまいます。
その際に出てきたのが、壁から無数のゾンビの手が飛び出してエリナに襲い掛かる場面です。この場面は1985年公開のゾンビ映画の巨匠ジョージ・A・ロメロのゾンビ三部作の3作目『死霊のえじき』の冒頭の場面、ヒロイン・サラがカレンダーを見ているといきなり無数のゾンビの手が出てくるシーンに構図含めてそっくりです。

Blu-ray『死霊のえじき HDニューマスター・スペシャルエディション』

Blu-ray『死霊のえじき HDニューマスター・スペシャルエディション』


シチュエーションとしてもジョナサンvsディオの戦いの「三幕目」の幕開けとして配置されており、「まだ悪夢は終わっていない!」という演出として的確な映画オマージュだと思います。

第3部:スティーヴン・スピルバーグ監督『激突!』

第3部にて、車と一体化した恐るべきスタンド「ホウィール・オブ・フォーチュン(運命の車輪)」は、承太郎一行全員を相手取って追い詰めるほどの強敵でした。

そして、本体のズィー・ズィーもとても狡猾な男で、最初は車で移動中の承太郎たちの前を走っていて、道を譲るサインを出します。そして、ポルナレフが喜んで追い越そうと車線を変更すると、なんと目の前の曲り道から巨大トラックが!スター・プラチナが止めなければ、全滅の危機でした。
そしてズィー・ズィーは、決着がつくまで筋肉質な「腕」しか姿を現しません。このまるで車自体が怪物として襲ってきているような演出(実際そうなのですが)は、明らかに巨匠スティーヴン・スピルバーグ監督の長編デビュー作『激突!』のオマージュです。

セールスマンがある大型トラックを無理に追い越したところ、そのトラックがずっと執拗に追いかけてくるというスリラー映画で、同作では運転手は腕だけしか見えず、最後まで正体不明。まるでトラック自体が怪物に見える恐ろしい作品です。

Blu-ray『激突!』

Blu-ray『激突!』

途中でカフェに寄ってミラー越しに「あの車がいる!」と分かる場面もそっくりなのですが、『ジョジョ』では本体のズィー・ズィーは腕だけムキムキで、他はガリガリの小男で、みっともなく命乞いをするという少年マンガらしいスカッとするオチをつけ、また別の後味を醸し出しています。
30 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません