手袋の理由は…アニメ『ワールドトリガー』2期 第7話、葉子と華の過去に「尊すぎて泣ける」「修と遊真に重なるのが残酷」

手袋の理由は…アニメ『ワールドトリガー』2期 第7話、葉子と華の過去に「尊すぎて泣ける」「修と遊真に重なるのが残酷」
アニメ『ワールドトリガー』(ワートリ)2期、2ndシーズン第7話「勝負」を振り返り! 葉子と華の過去に注目が集まった今回、ほか見どころや感想をご紹介します。
玉狛第二・柿崎隊・香取隊、白熱のランク戦。アニメ『ワールドトリガー』2ndシーズン第7話「勝負」では、それぞれの局面の「勝負」が描かれました。
また、香取隊隊長である香取葉子とオペレーターである染井華の過去、2人がボーダー入隊を決意するに至った第一次近界民侵攻の壮絶なエピソードもにSNSがざわついた今回。

SNSの感想とともに、視聴者の注目が集まったポイントをふり返ります!

遊真の発想力がすさまじい!

遊真に詰め寄られ、相打ちを狙って至近距離から銃撃を放ち、ベイルアウトした柿崎。
しかし遊真はあらかじめ心臓部をシールドガード、さらには胴体に空いた穴を武器であるはずのスコーピオンを変形させて傷にフタをします……!

これには視聴者も「スコーピオンでフタするって発想力がやっぱおかしい」「この遊真のスコーピオンの使い方大好き」と、その機転の利かせ方に唖然。
かなりトリオンを失ったものの、かろうじて持ちこたえた遊真は、味方の援護に向かうのでした。
23 件
  

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは