手袋の理由は…アニメ『ワールドトリガー』2期 第7話、葉子と華の過去に「尊すぎて泣ける」「修と遊真に重なるのが残酷」

掲載/更新 0
手袋の理由は…アニメ『ワールドトリガー』2期 第7話、葉子と華の過去に「尊すぎて泣ける」「修と遊真に重なるのが残酷」
アニメ『ワールドトリガー』(ワートリ)2期、2ndシーズン第7話「勝負」を振り返り! 葉子と華の過去に注目が集まった今回、ほか見どころや感想をご紹介します。
玉狛第二・柿崎隊・香取隊、白熱のランク戦。アニメ『ワールドトリガー』2ndシーズン第7話「勝負」では、それぞれの局面の「勝負」が描かれました。
また、香取隊隊長である香取葉子とオペレーターである染井華の過去、2人がボーダー入隊を決意するに至った第一次近界民侵攻の壮絶なエピソードもにSNSがざわついた今回。

SNSの感想とともに、視聴者の注目が集まったポイントをふり返ります!

遊真の発想力がすさまじい!

遊真に詰め寄られ、相打ちを狙って至近距離から銃撃を放ち、ベイルアウトした柿崎。
しかし遊真はあらかじめ心臓部をシールドガード、さらには胴体に空いた穴を武器であるはずのスコーピオンを変形させて傷にフタをします……!

これには視聴者も「スコーピオンでフタするって発想力がやっぱおかしい」「この遊真のスコーピオンの使い方大好き」と、その機転の利かせ方に唖然。
かなりトリオンを失ったものの、かろうじて持ちこたえた遊真は、味方の援護に向かうのでした。
ひとりで香取隊を足止めする“雑魚メガネ”にイライラする葉子。
修たちが遠征部隊入りを目指していることについて「頑張ればきっと夢は叶うとか思ってるわけ?」と煽りますが、「ただ単に自分がそうするべきだと思ってるから」という冷静な修の答えに逆にイライラを募らせます。

その隙に三浦と若村が修を急襲するも、栞のオペレーションにより修が対応し遊真も到着。若村・三浦を立て続けに落とされ、葉子も銃を持つ手を斬られてしまいました。
この一瞬の攻防について、「修の射撃でたたらを踏む動き好き」「遊真奇襲→ミューラーの背後からアステロイドの流れ、演出も動きも凄い」「三浦くん弧月で受けるの上手い良いアクション作画で最高だった!」と、躍動感あふれる作画にSNSは大盛り! 特に三浦(ミューラー)が作画に恵まれていると話題になっていました。

葉子と華の過去が痛々しい…

家が隣同士で、幼なじみだった葉子と華。第一次侵攻で家が崩壊した際、部屋で寝ていて瓦礫の下敷きになっていた葉子を救い出したのは、ほかならぬ華でした。

この描写には「第一次大規模進攻えっぐ…」という声や、手の爪が剥がれた状態で葉子を助ける華に「華さんの手…」「痛々しい…」と、ここで明らかになった“華がいつも手袋をしている理由”に触れる声も。

その後、葉子がなぜ家族ではなく自分を助けたのかと問うと、華は「助かる可能性が高いほうを選んだだけ」と答えます。
ボーダー入りを決意する華は、一緒にやるという葉子に「やるからには1番目指すよ」と言いますが、葉子は「わたしらが組めば楽勝」と笑い、華も笑顔を見せるのでした。
23 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません