『鬼滅の刃』遊郭編 宇髄が発した言葉の意味は…煉獄への想いに泣く。下野紘の“説教ボイス”にも反響!?【第8話】

掲載/更新 0
『鬼滅の刃』遊郭編 宇髄が発した言葉の意味は…煉獄への想いに泣く。下野紘の“説教ボイス”にも反響!?【第8話】
1月23日、TVアニメ『鬼滅の刃』遊郭編の第8話が放送。煉獄と宇髄のやり取りや、善逸(CV.下野紘さん)のお説教に興奮する人が続出しました。特に盛り上がったシーンを振り返ります。
IMAGE
シリーズ初アニメ化となる『鬼滅の刃』遊郭編、第8話が1月23日に放送。バトルシーンが再び「神回」と評判になったほか、煉獄の思わぬ登場、善逸の説教シーンなどが反響を呼びました。
SNSの声をもとに、特に話題になったシーンを振り返ります。

※記事の特性上、本編の内容に触れています。

Blu-ray『鬼滅の刃 遊郭編 1』

Blu-ray『鬼滅の刃 遊郭編 1』

超絶作画!宇髄VS妓夫太郎のバトルがまるで実写映画

前回も炭治郎VS堕姫のバトルが「神回」と話題になりましたが、今回はなんといってもこの場にいる‟最強”同士、宇髄と妓夫太郎の戦いです。

妓夫太郎が繰り出す血鎌の攻撃、降り注ぐ無数の帯、屋根を駆ける善逸たち──「目まぐるしく変わる画角がすごすぎ」、「もう壮大な実写映画……いや、アトラクションに乗ってる気分!」、「神回が止まらない」と再び視聴者に鳥肌を立たせました。
煉獄と猗窩座の戦いは速さとともに重い一撃が印象的でしたが、宇髄は攻撃を高速で弾いて跳び回る、‟忍び”らしい戦い方。
アクロバティックな動きが「柱の中でも唯一無二のスタイルって感じで、かっこいい!」、「固唾をのむというよりワクワク見入ってしまう」と、他の柱との違いを興味深く感じた人もいたようです。

音の呼吸‟鳴弦奏々”で火薬玉が花火のように弾けるところも、宇髄らしい華やかな演出でした。

宇髄のあの言葉の意味は? 煉獄の登場にやられた…

そんな宇髄の強さを‟才能”だと決めつけた妓夫太郎に対して、宇髄は、自分はこれまで沢山の命を失っていると反論。
そのあとの「俺は煉獄のようにはできねえ」という言葉に、ファンの間でさまざまな考察が広がりました。
24 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません