『トクサツガガガ』第1話に隠れオタから共感の声「大事なことは特撮が教えてくれた」

『トクサツガガガ』第1話に隠れオタから共感の声「大事なことは特撮が教えてくれた」
ビッグコミックスピリッツで連載中のマンガ『トクサツガガガ』が1月よりドラマ化! 第一回目が放送されるや否や名言の数々が話題に。たくさんの”あるある”を振り返ってみましょう。
第一話が放送されるや否や、全方位のコダワリ女子に共感を呼んだNHKドラマ『トクサツガガガ』。

あまりにクオリティの高い“作中劇”としての特撮シーンも圧巻ながら、主人公の仲村叶のガチオタっぷりに「お前は俺か」と共感した方も多いのでは。

特撮オタクの仲村叶(小芝風花さん)は、商社に勤めるOL。彼女は、周囲に特オタであることを隠しながら生きています。このドラマでは、隠れオタであるがゆえに生まれる葛藤や、心の声(そしてときどきそれがモロに声や仕草に出てしまう様子)が描かれるのですが……これがもう、全オタク女子の胸に響きまくる“あるある”に満ちているのです。

『トクサツガガ』第二話の放送日。そこでおさらいも兼ねて、第一話で飛び出した”全力で同意せざるを得ない名言の数々”をご紹介したいと思います!

「大事なことはすべて特撮が教えてくれる」

叶の“推し”は『獅風怒闘ジュウショウワン』のリーダー、シシレオー。徹夜で『ジュウショウワン』を観てしまい疲れ果てていたにも関わらず、叶は通勤電車でお年寄りに席を譲ります。
その行動を見ていた同僚に絶賛され、「どうしたら仲村さんみたいになれるの?」と聞かれたときに心の中で叫んだひとことがこれ。

「特撮を見たらいいんだよ……! 大事なことはすべて特撮が教えてくれる!」

席を譲ることに躊躇した叶の脳内で「弱き者を見捨てていい理由にはならない」とシシレオーが叫び、行動に移すことができたのです。

ズルをしない、嘘をつかない、優しい大人になる……それはすべて、子どもの頃に(特撮から)学んだことだと。彼女の語りに同僚たちは感心しているけれど、叶にとっては「今の私があるのは特撮のおかげ」なのです。

特撮に限らず、オタク女子にとっては愛する作品や推しの存在は活力の源。「毎日を生きていけるのは推しのおかげ」という気持ちで日々を過ごしている人は多いはず。
18 件
A3 600DL3

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

2019-01-26信号機

二話の、倉科カナは、10個も年上設定。一番笑えたのは、昭和ノリの、泣きじゃくる、松下由樹さんの、母親役の泣きの演技。一番ツボは、上を向いて、泣くところまで、本来なら、そこまで臭い泣き演技したら、バレるのだが、タイミングが良すぎるぐらいに、涙腺発動なので、娘がドン引きするのも無理はない。しかし、これが、母なる力のなせる必殺技!

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは