隠れオタなら泣ける…『トクサツガガガ』第2話「好きなものに年齢も性別も関係ない」

掲載/更新 0
隠れオタなら泣ける…『トクサツガガガ』第2話「好きなものに年齢も性別も関係ない」
特撮オタクの女子を描いたドラマ『トクサツガガガ』。1話に続き2話でも放送直後から「名言だらけ」と大反響。3話の前に振り返ってみましょう♪
NHKドラマ10『トクサツガガガ』、第2話も皆さんご覧になりましたか?

第1話の最後、電車の中で見かけた通称・トライガーの君(倉科カナさん)とコンタクトを取ることに成功した、特撮オタクの仲村叶(小芝風花さん)。第2話ではついに、二人が本格的に出会います。
叶の推し“シシレオー”とともに戦う『獅風怒闘ジュウショウワン』に登場する“トライガー”を愛するトライガーの君。

叶、トライガーの君、それぞれの持つオタク女子ならではの悩み。二人をとりまく人間模様や母との攻防、新しいオタ仲間の登場……などなど第2話も相変わらず見どころ満載!

というわけで『トクサツガガ』第3話の放送を前に、”名台詞”とともに第二話を振り返ってみましょう♪

「(服って)こんなにするんだ。DVD BOXが買えるんだけど」

第1話から、たびたび叶のトラウマとして描かれているのが“特撮好きをまったく認めてくれない”お母ちゃん(松下由樹さん)の存在。そんなお母ちゃんが第2話で登場しました。

“特撮が好き”という幼少期の思いを捻じ曲げられた叶は、かなりお母ちゃんを警戒しています。

叶が早く結婚をして子供を産むことを望んでいるお母ちゃん。久々の再会で有無を言わさずショッピングモールへ連れて行かれても、叶の心はここにあらず。

洋服にも興味を示すどころか、二万円の値札のついたワンピースを見て思わず

「こんなにするんだ!? DVD BOXが買えるんだけど!」
「安いの買って、お釣りもらえんかな……」


と、物の価値をDVD BOXで換算してしまいます。こんな経験、覚えがありますよね……。
しかしお母ちゃんの強さは半端なかった。対決の末、家の合鍵も母の手に渡してしまった叶。今後(あの特撮グッズだらけの叶の部屋は)どうなってしまうのでしょうか。家族の理解が得られない、というのもオタクあるあるです。

お金をかけずに「擬態のいろは」

叶が幼少のころに憧れていた特撮ヒーロー“エマージェイソン”。彼とシシレオー、二大推しの夢の共演が観られるヒーローショーが開催されることを知ります。

母に叱られて以来、一度もヒーローショーへ行ったことがなかった叶は、ついにはじめて現場に足を踏み入れることに。

しかし、それでもやはりオタバレしたくない叶。通勤コーデ+コーヒー片手+仕事の書類+スマホという完全防備でさりげなさを周囲にアピール。

「でも大丈夫! 今日の私は“仕事の休憩中、何をやってるか暇つぶしにのぞいているだけの人”なのだから……!」
いかに自然にその場に居合わせた風を装うかという、”お金をかけずに「擬態のいろは」”が映し出されたときのファッション誌の見開きのような演出がまた秀逸なんです。

“片手間感を出すコーヒーはマスト”
“あえて普段の通勤スタイルにすることで偶然を装う上級テク”


などなど、小賢しいけどついやってしまいがちなオタ隠しテクニックに、思わずニヤリとしてしまいます。

「同期が子供に買うものを 私は自分に買ってるんだ…」

24 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません