映画『窮鼠はチーズの夢を見る』3つの見どころは?「腐女子が観ても"ガチ"でした!」【大倉忠義&成田凌 出演】

映画『窮鼠はチーズの夢を見る』3つの見どころは?「腐女子が観ても"ガチ"でした!」【大倉忠義&成田凌 出演】
2020年9月11日に公開された映画『窮鼠はチーズの夢を見る』。観た人が“苦しくてたまらない”“余韻から抜け出せない”という声が多数! 今回は本作の感想をお届けするとともに、見どころポイントもご紹介します。「BL作品の実写映画ってどうなの?」という方も必見です!
2020年9月11日より全国で公開されている映画『窮鼠はチーズの夢を見る』
原作は『放課後保健室』や『黒薔薇アリス』など、数々のヒット作を生んだ水城せとな先生によるもの。

もととなったコミックスの『窮鼠はチーズの夢を見る』『俎上の鯉は二度跳ねる』は、男と男の恋愛を描いていますが、連載されたのはBLレーベルではなく女性向けコミック誌。そのため男女の恋愛も描かれており、「もしノンケが男を好きになったなら?」といったリアルで逃げ場のない人間関係が特徴的です。
軸となる人物は、大伴恭一と今ヶ瀬渉を関ジャニ∞の大倉忠義さんとモデルで俳優の成田凌さんが演じている本作。

雰囲気の異なる美形2人が挑む本映画は、すでにSNS上で多くの反響が! その理由の一つに、本作が"R15指定"ということも含まれます。ということは……。
どこまでやっちゃうの!?と悶々としている皆さんのためにも、本作を視聴した感想や3つの見どころポイントを見せしちゃいます。

【1】大伴を見る、今ヶ瀬の目力がしんどい!

23 件
  

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは