西島秀俊&中村倫也は『仮面ライダーBLACK SUN』をどう演じる?注目ポイントは…

掲載/更新 0
西島秀俊&中村倫也は『仮面ライダーBLACK SUN』をどう演じる?注目ポイントは…
仮面ライダー生誕50周年記念作『仮面ライダーBLACK SUN』に出演する西島秀俊さんと中村倫也さん。“最も黒い仮面ライダー”と称されるこの作品でそれぞれはどう演じるのでしょうか?
1971年から放送が始まり、2021年で生誕50周年を迎えた「仮面ライダー」シリーズ。昭和、平成、令和と時代を駆け抜けてきたヒーロー番組です。そんな「仮面ライダー」シリーズに、2022年、新たな歴史の1ページが加わることになります。
かつて大ヒットを記録した『仮面ライダーBLACK』のリブート作品として配信が予定されている『仮面ライダーBLACK SUN』。

製作発表がされた段階からファンの期待は膨らむばかりでしたが、このほど、主人公の2人の仮面ライダーを演じる俳優が伝えられ、特撮ファンだけではないファン層からも狂気に似た歓声が上がっています。
いわば日本中の期待を一身に背負う形となった俳優は、西島秀俊さんと中村倫也さん。
彼らはそれぞれの役柄をどう演じていくのか。2人に『仮面ライダーBLACK SUN』で期待したいことをご紹介します。

“最も黒い仮面ライダー”とは。人間ドラマに期待

そもそものオリジナル版の『仮面ライダーBLACK』とはどんな作品だったのでしょうか?
同作は1987年から1988年にかけて放映され、暗黒結社ゴルゴムによって世紀王に選ばれた2人の青年、南光太郎秋月信彦が運命に翻弄されながら、それぞれの道を歩んでいく姿が描かれた作品。

主人公の南光太郎は仮面ライダーBLACKとしてゴルゴムが次々と送り込む怪人たちを倒していく道を選び、一方の秋月信彦はゴルゴム繁栄への道を模索し、シャドームーンとしてBLACKの行く手を阻む存在となっていきます。
「仮面ライダー」の生みの親である石ノ森章太郎氏は同作を「原点回帰」と位置付けており、過酷な運命を背負った青年たちの悲哀に満ちたドラマを骨太に描写した印象を強く受けます。

50年にわたる「仮面ライダー」の歴史の中でも根強い人気を誇っている作品として有名で、1988年から史上初めて本編からそのまま繋がる続編として『仮面ライダーBLACK RX』も製作されました。
36 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません