金子大地、小越勇輝『腐女子、うっかりゲイに告る』第6話 ゲイと腐女子は分かりあえるの?

金子大地、小越勇輝『腐女子、うっかりゲイに告る』第6話 ゲイと腐女子は分かりあえるの?
小野賢章さんも出演するドラマ『腐女子、うっかりゲイに告る』。第6話では亮平とともに入院中の純を見舞う紗枝の姿が描かれます。純と紗枝の心の距離が少し縮まる第6話、第7話の前に振り返りましょう。
NHKよるドラ『腐女子、うっかりゲイに告(こく)る』。

ゲイであることを隠して生活する高校生・安藤純(金子大地さん)と、腐女子である三浦紗枝(藤野涼子さん)2人が直面する葛藤や、周囲を巻き込んで築き上げられていく関係性が描かれます。

そして同じくゲイであるミスター・ファーレンハイト(声:小野賢章さん)。ネット上だけの友人でありながら、純が唯一すべてを打ち明けられる彼の言葉が、純の心と物語を動かしていきます。

第7話の前に印象的なシーンとともに振り返っていきましょう!

第六話「Somebody to Love」あらすじ

校舎から飛び降りた純は、一命をとりとめ入院することに。病室で母親(安藤玉恵さん)に謝る純ですが、ゲイであることについて「間違いないの?」と問われ激昂。これまでの苦しみを、怒りとともに母親にぶつけてしまいます。

入院中の純のもとに、恋人のマコト(谷原章介さん)から電話が。温泉での一件以来、メールの返信をしなかった純に、近い内に会おうというマコト。「駅の階段で転んで入院してるから無理」と純は断りますが、「退院したら会いたい」と食い下がられてしまいました。

一方紗枝は、しばらく学校を休んでいた亮平(小越勇輝さん)に「純との思い出の場所を案内してほしい」と頼み、公園を訪れました。ベンチに腰かけ、少年漫画の話題や、純がこの公園でどんなふうに過ごしていたのかを亮平に聞きながら、紗枝は自分が純のことを何も知らなかったことを思い知ります。
17 件

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは