金子大地、小越勇輝『腐女子、うっかりゲイに告る』第6話 ゲイと腐女子は分かりあえるの?

掲載/更新 0
金子大地、小越勇輝『腐女子、うっかりゲイに告る』第6話 ゲイと腐女子は分かりあえるの?
小野賢章さんも出演するドラマ『腐女子、うっかりゲイに告る』。第6話では亮平とともに入院中の純を見舞う紗枝の姿が描かれます。純と紗枝の心の距離が少し縮まる第6話、第7話の前に振り返りましょう。
NHKよるドラ『腐女子、うっかりゲイに告(こく)る』。

ゲイであることを隠して生活する高校生・安藤純(金子大地さん)と、腐女子である三浦紗枝(藤野涼子さん)2人が直面する葛藤や、周囲を巻き込んで築き上げられていく関係性が描かれます。

そして同じくゲイであるミスター・ファーレンハイト(声:小野賢章さん)。ネット上だけの友人でありながら、純が唯一すべてを打ち明けられる彼の言葉が、純の心と物語を動かしていきます。

第7話の前に印象的なシーンとともに振り返っていきましょう!

第六話「Somebody to Love」あらすじ

校舎から飛び降りた純は、一命をとりとめ入院することに。病室で母親(安藤玉恵さん)に謝る純ですが、ゲイであることについて「間違いないの?」と問われ激昂。これまでの苦しみを、怒りとともに母親にぶつけてしまいます。

入院中の純のもとに、恋人のマコト(谷原章介さん)から電話が。温泉での一件以来、メールの返信をしなかった純に、近い内に会おうというマコト。「駅の階段で転んで入院してるから無理」と純は断りますが、「退院したら会いたい」と食い下がられてしまいました。

一方紗枝は、しばらく学校を休んでいた亮平(小越勇輝さん)に「純との思い出の場所を案内してほしい」と頼み、公園を訪れました。ベンチに腰かけ、少年漫画の話題や、純がこの公園でどんなふうに過ごしていたのかを亮平に聞きながら、紗枝は自分が純のことを何も知らなかったことを思い知ります。
「死のうとするぐらい辛かったなんて」--思わずそう口にする紗枝。それは亮平にとっても同じことでした。それぞれに、純のことを思う紗枝と亮平。しばらく黙り込んでいましたが、紗枝は決意を秘めた表情で立ち上ががり、「今度、純のお見舞いに行こう」と亮平を誘いました。

思いがけない二人の見舞いに驚く純。学校へはもう行かないかもしれない、と伝える純の言葉に動揺しつつも「大丈夫だよ、何かあっても私と高岡くんが守る」と気丈に言う紗枝。そんな紗枝の姿を見て、亮平は二人きりで話せるようにと席を外しました。

紗枝は“個人的なお土産”として持ってきたBL本を、ベッドの端に腰かけて純と並んで読みながら「同じ速度で同じものを見つめられるって最高だよね」笑うのでした。

紗枝「お互いがもっと理解できたときに、もう1回話そう」

お見舞いとして、BL本を純に渡した紗枝。
「私が安藤くんを知ったみたいに、安藤くんにも私のことを知って欲しいの」
「それでお互いがもっと理解できたときに、もう1回話そう?」

亮平との会話を経て、自分が純のことを何も知らないと知った紗枝は、同様に「自分が何を好きなのか」を通して、純にも自分のことを知ってもらいたかったのです。そのあと、紗枝はこんなふうに続けます。

「言っておくけど、私まだ安藤くんと別れるつもりないから」
「そう簡単に逃さないよ」
そう言って銃を撃つ仕草をし、病室をあとにする紗枝。その紗枝の姿を見送った純は、「撃たれた僕は死ななかった」「でも確かに、何か熱い弾丸のようなものが胸の中に残った」と思い返します。

6話の冒頭では「体がまだ生きたいんだと悲鳴をあげている」「心はもうとっくに死んでしまったのに」と、茫然自失だった純。紗枝はそんな純の心に、確実に、生きる気力を呼び戻しはじめているのだと感じました。

母親の前では笑えなかった純が、紗枝と亮平の見舞いから、徐々に笑うようになった姿からも、そのことがうかがえます。紗枝の愛情が揺らがないことが、純にとってどれほどの救いとなっているのかを感じられるシーンでした。

純の想い「僕もBL星に行きたいなあ」

「BLはね、BL星っていう架空の星が舞台なの」自分のことをもっと知ってほしい、そんな思いで純にBL本を渡した紗枝は、BLのことをこんなふうに純に説明します。
BL星人は女性人口が極端に少ない、メスを獲得できないストレスから命を失う個体があとを絶たなかったから、男性同士で性的欲求を覚えるように進化した……。

その説明を聞いた純は「なるほど BLはファンタジーじゃなくてSFだったんですね」と紗枝を茶化しますが、紗枝はニッコリ笑って「BL星人は、男であることと自分の性指向にめっちゃ肯定的なんだよ」と返します。

その言葉を聞き、少し考えるような表情をしたあとつぶやく純。
「僕もBL星に行きたいなあ……」

きっとそれは、調子をあわせたわけでもなく、純らしい皮肉でもなく、純の本心だったのではないでしょうか。
「もう疲れた」「僕自身が嫌で嫌で仕方なかった」--そんな純の苦しみを考えれば、「普通じゃない」と悩む必要がなく、自分自身に肯定的でいられる“BL星”は、純にとってどれほど生きやすい世界か想像ができてしまいます。
17 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません