『ツイステ』キャラの魅力解剖【ハーツラビュル寮編】リドル達の成長を見守る醍醐味がある

プレイヤーと共に成長していくエース&デュースコンビ

1年生のエース・トラッポラとデュース・スペードは、ゲーム開始時から「監督生」と呼ばれるプレイヤー自身と行動を共にする、いわば「プレイヤーにとっての初めての友達」といえる存在です。
その関係は現在配信されている5章まで続いており、彼らは最初こそまだ初対面であることによる距離感を感じさせるのですが、次第に親しみを込めた態度を見せてくれるようになります。

メインストーリー第4章の38話『終曲スカラビア!』では、監督生からのSOSを聞いてホリデー中にも関わらず公共機関を乗り継いで助けに来てくれたりと、明らかに絆が深まっている様子を見せてくれます。
『ディズニー ツイステッドワンダーランド』アニメーションTVCM_ハーツラビュル寮_15秒

また、まるでコントのような掛け合いを見せたり、ゲーム内において常日頃から行動をともにしていたりなどで2人の仲は良いように見えますが、実はライバル関係であることも、ストーリーを進めてくると分かってきます。
5章ではそれぞれに異なる互いの性格がぶつかり合い、本気の喧嘩をする場面も。要領がよく、なんでもそつなくこなせるエースと、努力がたまに空回りしてしまうデュース。今後描かれるであろう、彼らの「ライバル」としての成長も見逃せません。

第5章「美貌の圧制者」で、監督生とともに新たな挑戦をすることになったエース&デュースコンビ。
主人公(監督生)と一緒にストーリーを進める重要な役割を担っている2人は、今後もメインストーリーに関わる事件や出来事に関わっていくことになります。互いにどんな絆の深め合いを見せてくれるのか、また監督生との関係は「初対面」から「マブダチ(本当の親友)」へ変わりつつありますが、今後のストーリーによって更に変化していくのか気になります。
26 件
  

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは