『タイバニ』に続く"イケオジ"作品はどれ?プロ書店員のオススメ4選【スパダリに極道、BLまで】

『タイバニ』に続く"イケオジ"作品はどれ?プロ書店員のオススメ4選【スパダリに極道、BLまで】
2020年、次にヒットする女性向け作品の鍵は「イケオジ」と判明! 引き続き書店員・すず木さんに、「イケオジ」のタイプやオススメ作品について伺いました♪
■前回の記事はこちら『2020年は“イケオジ”がブームの予感?プロ書店員に理由とオススメ作品を聞いた【津田健次郎の裏話も!】

引き続き今回も電子書籍サイトBookLive!さんと、書店員・すず木さんの協力のもと『2020年にヒットしそうな女性向け “新ジャンル”』の中から、注目すべき「イケオジ」についてさらに詳しく掘り下げていただきます。

すず木さんは2005年より電子書籍サイトBookLive!の仕事に携わる、この道10年以上のプロ書店員。年間に読むマンガの冊数は2000冊以上という強者!

前回にご紹介した通り、どうやら「イケオジ」の沼は相当深く、趣向や時代の流れによってどんどん派生していくもよう。

一度踏み入れたら引き返せない、それが「イケオジ」
そんな魅惑の扉を一緒に開けてみませんか……?

TIGER&BUNNY(1) (角川コミックス・エース) 画像

「TIGER&BUNNY」1巻

スパダリ、ギャップ萌え…イケオジ沼は多種多様!

もともと「オジサマ」文化は以前からあった気がするのですが、いかがでしょうか?

「昔は“枯れ専”という言葉がありました。当時は、疲れている・枯れている“オジサマ”に魅力を見出す読者が多かった中、いつの間にか使われなくなり、代わりに今では“イケオジ”という言葉が出てきました」(書店員・すず木さん/以下同)

枯れ専はどちらかというと、等身大の“オジサマ”そのものの渋さにキュンとしているイメージですが、現代の“オジサマ”は、非日常的なスペックを掛け合わせることでその年齢とのギャップにキュンとする読者が多いとのこと。
年齢に関係なくチャレンジしているオジサマこそ、「イケオジ」というようです。
16 件
  

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは