『鬼滅の刃』の人気キャラ・善逸の魅力を徹底解剖!「将来の“柱”候補」との声も?

掲載/更新 3
『鬼滅の刃』の人気キャラ・善逸の魅力を徹底解剖!「将来の“柱”候補」との声も?
現在『週刊少年ジャンプ』でのストーリー展開が「涙なしでは読めない」と話題の『鬼滅の刃』。今回は炭治郎に次ぐ人気キャラ・善逸(ぜんいつ)の魅力を徹底解剖します!
IMAGE
『週刊少年ジャンプ』にて連載中の鬼殺隊VS鬼舞辻無惨の戦いがクライマックスに突入し、その展開が「涙なしでは読めない」と話題の『鬼滅の刃』
今回は、主要キャラの一人で、誌面の第1回キャラクター人気投票では2位を獲得した我妻善逸(あがつま・ぜんいつ)の魅力を徹底解剖します!

ヘタレなのに人気の理由は? 剣士としての実力は……⁉


※本記事には、一部ネタばれを含む可能性があります。ご注意ください。

【魅力1】リアクションと台詞1つ1つが面白い

我妻善逸(CV.下野紘さん)は、主人公の炭治郎と同じ鬼殺隊の隊士
その人の“音”で鬼か人間かを見分けられるほどの特殊な聴覚を持っており、戦いでは“雷の呼吸”を使います。
TVアニメ「鬼滅の刃」我妻善逸スペシャルPV
性格は、鬼を見るとパニックになって逃亡したり、「いつ死ぬかわからないから結婚してくれ!」と女の子にすがりついたり……とにかく自嘲的でネガティブ、そして女好き。
・人面蜘蛛と出くわして「こんなことある⁉」「でっか!! でかいわ!!」
・女性を連れている男性に「いいご身分だな……‼」「ざっけんなよ‼」
・パニックになって「アーーーッ!!(汚い高音)」
「俺はな、もの凄く弱いんだぜ! 舐めるなよ!」

など、大きなリアクションと名(迷)台詞が登場当初から話題となり、『善逸 ネガティブミニタオル』としてグッズ化も!
下野紘さんが善逸役を射止めた際には、“汚い高音選手権を制した”と言われたとか(笑)。

【魅力2】人のためなら強くなれる

そんな善逸ですが、やる時はちゃんとやるところが人気!

鬼殺隊になったばかりの頃、同期の伊之助が箱に入った鬼(炭治郎の妹の禰豆子)を引きずり出そうとした時には、ぼこぼこにされながら箱を抱きしめ守りました。
中にいるのが、炭治郎の“大事な誰か”だとわかっていたから。

『鬼滅の刃』の人気キャラ・善逸の魅力を徹底解剖 画像

TVアニメ『鬼滅の刃』第11話場面写真より

「俺が炭治郎に話を聞くから、お前はひっこんでろ!」
炭治郎が鬼を連れているのには何か事情がある、と察して見守っていたところは、実は誰よりも大人かもしれません。
泣き虫だけど仲間のためには体を張る。そのギャップで多くの人の心を掴みました。

⇒魅力その3はやっぱりその強さ!!
24 件

この記事のタグ

Comment

2020-10-18マカロン

わーかわいいびびりなところおもしろい🤣

2020-07-07川中 梨愛

ゼンイツ、カッコ良すぎ〜❗️
好きぃ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜❗️
ぜんいつってさー、戦う時、気絶してるんでしょ〜❓強ぇぇぇぇぇぇぇぇぇ❗️(笑)
ヤバくない❓
やっぱ、カッケ〜❗️