今と昔で少し違う?『僕のヒーローアカデミア』新旧のキャラデザを比べてみると…【エンタメトリビア】

掲載/更新 0
今と昔で少し違う?『僕のヒーローアカデミア』新旧のキャラデザを比べてみると…【エンタメトリビア】
2021年春にTVアニメ第5期を控えた『僕のヒーローアカデミア』(日本テレビ系)。連載前と今のキャラデザを比べると、じつはちょっとだけ違うってホント?
こちらの記事では毎回エンタメ作品にまつわるトリビアをご紹介。今回は『僕のヒーローアカデミア』の新旧キャラクターデザインを探ってみましょう。
2014年より連載がスタートした『僕のヒーローアカデミア』。今やシリーズ累計発行部数2800万部を超える大人気コミックですが、連載前には公式Twitterでキャラデザを一足先にお届けしていました。しかもよく見ると、今と少し異なるキャラクターもチラホラ……。

爆豪勝己の初期の名は……

たとえば主人公の幼なじみ・爆豪勝己(ばくごうかつき)は、もともと名前が“轟郷勝己(ごうごうかつき)”になる予定だった模様。その証拠となるキャラデザがTwitterにて公開されています。
キャラデザ自体はあまり変わらないものの、“轟郷”という苗字のせいで想像が捗りませんか?

実際にネット上でも、「漢字的にここから轟焦凍が生まれたりしたのかな?」「轟くんの苗字が元はかっちゃんのものだったと思うと萌えるwww」といった反響が。

死柄木弔にも注目!

ちなみに敵(ヴィラン)死柄木弔のキャラデザにも注目。こちらもTwitterにて公開されています。

一見名前も姿も今のままですが、右下に描かれている“素顔”にご注目ください。
14 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません