『呪術廻戦』1巻と14巻の扉絵、同じ場所なのは何故?ドアの数が意味するものは

『呪術廻戦』1巻と14巻の扉絵、同じ場所なのは何故?ドアの数が意味するものは
1月4日に発売された『呪術廻戦』14巻。じつは巻頭の扉絵と1巻の扉絵には“同じ場所”が描かれているそうで、ネット上では様々な考察大会が繰り広げられています。
アニメ化が拍車をかけ、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いの『呪術廻戦』(週刊少年ジャンプ連載中)。

1月4日には待望の最新14巻が発売されましたが、今ファンの間では“巻頭の扉絵”に注目が寄せられているようです。というのも、1巻で描かれた扉絵と比較してみると……。

1巻と14巻、同じ場所の意味は

まず1巻の扉絵に描かれているのは、マンションの廊下らしき場所。

左側の壁には3つの扉が並んでおり、1番手前にある扉の前にだけ“血”のようなものが飛び散っています。
12 件
  

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは