アニメ『呪術廻戦』第13話、OPの変化が切ない…。虎杖の涙に「つらすぎる」「神演出だろ」

掲載/更新 0
アニメ『呪術廻戦』第13話、OPの変化が切ない…。虎杖の涙に「つらすぎる」「神演出だろ」
「週刊少年ジャンプ」連載中の『呪術廻戦』。アニメ第13話「いつかの君へ」。1期ラストだった今回は神作画・神演出の連続! OPの虎杖も話題になりました。ほか感想や見どころをご紹介!
「週刊少年ジャンプ」連載中の『呪術廻戦』アニメ第13話「また明日」では吉野順平を利用し虎杖悠仁をおびき寄せた特級呪霊・真人と、虎杖&七海による戦いがはじまりました。順平を殺され怒る虎杖と、真人を祓う使命感に燃える七海が描かれた今回。第一クール最終話にふさわしい神作画、神演出の連発にネット上は大いに沸いたようです。

それでは、アニメ『呪術廻戦』12月25日(金)放送の第13話「また明日」を振り返ります!

バトルシーンが神作画祭り!OPにも神演出が

魂を自在に変えることができる力を持つ真人は、物理攻撃を受けてもダメージのない凶悪な呪霊。そんな真人の天敵でもあるのが、虎杖。両面宿儺の器である虎杖は、体にふたつの魂を宿している、という偶然から真人の魂に直接攻撃を与えることができるのです。

虎杖の特性を武器に、七海とのコンビネーションによって真人を追い詰めるふたり。第一クール最終話というだけあり、アニメ制作陣の気合いの入った神作画祭りのバトルシーンが描かれます。
30 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません