アニメ『呪術廻戦』第13話、OPの変化が切ない…。虎杖の涙に「つらすぎる」「神演出だろ」

掲載/更新 0
アニメ『呪術廻戦』第13話、OPの変化が切ない…。虎杖の涙に「つらすぎる」「神演出だろ」
「週刊少年ジャンプ」連載中の『呪術廻戦』。アニメ第13話「いつかの君へ」。1期ラストだった今回は神作画・神演出の連続! OPの虎杖も話題になりました。ほか感想や見どころをご紹介!
「週刊少年ジャンプ」連載中の『呪術廻戦』アニメ第13話「また明日」では吉野順平を利用し虎杖悠仁をおびき寄せた特級呪霊・真人と、虎杖&七海による戦いがはじまりました。順平を殺され怒る虎杖と、真人を祓う使命感に燃える七海が描かれた今回。第一クール最終話にふさわしい神作画、神演出の連発にネット上は大いに沸いたようです。

それでは、アニメ『呪術廻戦』12月25日(金)放送の第13話「また明日」を振り返ります!

バトルシーンが神作画祭り!OPにも神演出が

魂を自在に変えることができる力を持つ真人は、物理攻撃を受けてもダメージのない凶悪な呪霊。そんな真人の天敵でもあるのが、虎杖。両面宿儺の器である虎杖は、体にふたつの魂を宿している、という偶然から真人の魂に直接攻撃を与えることができるのです。

虎杖の特性を武器に、七海とのコンビネーションによって真人を追い詰めるふたり。第一クール最終話というだけあり、アニメ制作陣の気合いの入った神作画祭りのバトルシーンが描かれます。
「バトルシーンの流れるような作画が最高」、「いつも思うけど真人の顔芸やばい」、「ショタ真人がかわいいけど、騙されてはいけない」など見どころだらけのバトルは、SNSでも大盛り上がり。
そんななか、視聴者の多くが反応したのは第13話のオープニングにみられた神演出。
オープニングには「順平がもしも呪術高専に入っていたら」、というifの世界が描かれるシーンが挟まれていますが、12話で順平は殺され、その未来が叶わなかったことがわかります。

それを受けて、13話のオープニングのラストカットで虎杖の目から一粒の涙がこぼれ落ちている、という演出の変化が加わりました。
「OP、順平は消えなかったけど虎杖の涙が……」、「13話最後のOPで虎杖が涙流すところが切なすぎる」、「電車に乗る虎杖が、涙を流していたのは順平を想ってかな……」「神演出に泣いた」などファンの心に刺さる特別なオープニングになった様子。

会社員時代の七海に熱い視線……!

虎杖と七海の連携で追い詰められた真人は、はじめて「死」を間近に感じることで秘められた力を解放し、領域展開「自閉円頓裹」を行使します。領域に閉じ込められた七海は、まな板の鯉の状況。まさに絶体絶命です。そこに虎杖が助けに入ることで、領域にふれた宿儺が真人を攻撃し、七海は一命を取りとめます。

一般企業に務めていた七海。ひねくれたところもありますが、面倒見のよさや知的な雰囲気が魅力のバイプレイヤーです。13話ではそんな七海の過去のエピソードが描かれました。
30 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません