やりたい放題!?『僕とロボコ』の表紙パロディを振り返る。『鬼滅』『呪術』国民的アニメも…

掲載/更新 0
やりたい放題!?『僕とロボコ』の表紙パロディを振り返る。『鬼滅』『呪術』国民的アニメも…
人気ギャグ漫画『僕とロボコ』の魅力といえば、秀逸なパロディネタの数々が挙げられるのではないでしょうか。各エピソードはもちろんのこと、単行本の表紙にすら他作品を彷彿とさせる要素が……。今回は、そんな同作の表紙パロディに注目していきます。
IMAGE
12月4日にテレビアニメの放送を控え、その2日前には最新11巻が発売される『僕とロボコ』。同作の単行本といえば、他作品を彷彿とさせる表紙も目玉の1つになっています。そこで今回は、歴代の表紙パロディをプレイバックしてみましょう。

ジャンプ作品を狙い撃ち!?まさかの他社作品も

同作の表紙パロディは『週刊少年ジャンプ』連載作品の採用率が高く、たとえば第9巻は『DEATH NOTE』の第1巻、第6巻は『鬼滅の刃』の第15巻、第2巻は『ONE PIECE』(ワンピース)第61巻の表紙に構図がそっくり。

第8巻は『週刊ヤングジャンプ』で連載中でアニメ化も話題の『【推しの子】』第1巻が元ネタで、表紙を飾る星野アイとロボコが同じポーズをとっています。
またロボコといえば“『呪術廻戦』愛”を度々覗かせており、過去には本編で封印されてしまった五条悟に向けて「会いたいのに会えない また今週も会えなかった」「なんで封印されちゃったの? 悟」とツイートしたことも。

もちろんそんな同作もしっかりとオマージュされていて、第4巻では『呪術廻戦』第4巻の五条悟と同じポーズを決めていました。
では記念すべき第1巻は何かと言うと、まさかの『ドラえもん』第1巻。他社の超有名作品を1発目に持ってきたのです。

これにはネット上でも、「初っ端から攻めすぎでしょwww」「さすがに笑った」などの反響が続出。そもそも『僕とロボコ』は『ドラえもん』を踏襲した部分が多いため、その繋がりから採用したのかもしれません。
今後はどのような表紙が登場するのでしょうか……。

表紙画像のツイートまとめはこちら!

17 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません