異例の大ヒット『SPY×FAMILY』はなぜ人気?ハートフル×シリアスの巧みさ

掲載/更新 0
異例の大ヒット『SPY×FAMILY』はなぜ人気?ハートフル×シリアスの巧みさ
2022年にアニメ化も決定している『SPY×FAMILY』。各方面で絶賛されている本作は、なぜここまで支持を得ているのでしょうか?その魅力をご紹介します。
IMAGE
2022年にアニメ化が発表されたジャンプ+(プラス)の大人気漫画『SPY×FAMILY』。(著:遠藤達哉)。
2019年に連載がスタートし、Web漫画としては異例の発行部数1250万部を突破した注目の作品です。
『SPY×FAMILY』は集英社の運営する漫画アプリ「ジャンプ+(プラス)」内で2019年から連載されているWeb漫画です。既刊8巻ながら累計発行部数は1250万部を超え、数あるWeb漫画作品の中でもトップクラスの人気を博すこの作品。
2020年の『このマンガがすごい!』(宝島社)ではオトコ編の第1位に選ばれるなど、マンガ好きの間では高く評価されているのです。

タイトルは聞いたことがあるけど詳しく知らないという人もまだいるのではないでしょうか。
そこで今回はそんな『SPY×FAMILY』の魅力やヒットの理由を探っていきます。

老若男女が惹かれる、個性的なキャラクター

『SPY×FAMILY』はタイトル通り「スパイ×家族」をテーマとしたストーリー。
東西冷戦が起こっている地域を舞台に偽りの家族を装う<黄昏>の異名を持つ凄腕スパイ・ロイドと最強の殺し屋<いばら姫>の異名を持つヨル、そして養子として迎えた人の心を読める超能力者<アーニャ>が「フォージャー家」として偽りの家庭を築く…といったあらすじです。
作画・ストーリー展開共に群を抜いたクオリティで不動の人気を獲得した『SPY×FAMILY』ですが、個性豊かなキャラクターも人気を一層後押ししている要素であると言えるでしょう。

クールな凄腕男性スパイ・黄昏(ロイド・フォージャー)やドジっ娘ながら最強の殺し屋・いばら姫(ヨル・フォージャー)、まだ4~5歳の少女である被検体007(アーニャ・フォージャー)はもちろん、サブキャラクターとして登場するアーニャのクラスメイトやロイドに恋心を抱くクールな後輩スパイの<夜帷>ことフィオナ、ヨルを溺愛する残念美形な弟の<ユーリ>など、ここではリストアップできないほど多種多様でパンチの効いた登場人物たちが物語を盛り上げます。
28 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません