前代未聞!?『ONE PIECE』スピンオフ最新話もヤバすぎた「いっぺん怒られた方がいいw」「伊原大貴が海賊王」

掲載/更新 0
前代未聞!?『ONE PIECE』スピンオフ最新話もヤバすぎた「いっぺん怒られた方がいいw」「伊原大貴が海賊王」
『少年ジャンプ+』で連載中の伊原大貴さんの『恋するワンピース』。深すぎる『ONE PIECE』愛と、公式絵を使ったコラージュなどでたびたび話題となる本作ですが、最新話にも「ヤバい」と反響が。一体どんな衝撃回となったのか……!?
伊原大貴さんによる『ONE PIECE』スピンオフマンガ『恋するワンピース』。

作者の『ONE PIECE』愛と知識をふんだんに生かした自由な作風でたびたび注目を集める本作ですが、公開されたばかりの最新話も「ヤバすぎる」と大反響。読者を爆笑&困惑させた斬新すぎる手法とは……!?

今回の舞台はまさかの…リアルアラバスタ!?

またまた読者をザワつかせたのは8月15日に公開された第136話。

アラバスタ編の戦争を止めるため、中津川嘘風(なかつがわ ウソップ)が作った“ブクブクの実”を使って『ONE PIECE』の世界に潜入しようという導入なのですが……。

なんと、ページをめくると言葉通りまさしくONE PIECE』第182話“怒号”がスタート
アラバスタ編の原作ストーリーを引用し、その上に『恋するワンピース』の小山菜美(こやま ナミ)たち登場人物を描き込んでいく形で『ONE PIECE』の世界に入るという斬新な手法で物語が進んでいきます。
10 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません