いま『少年ジャンプ+』が熱い! 話題のマンガ5選『SPY×FAMILY』『怪獣8号』…ハマるポイントは?

掲載/更新 0
いま『少年ジャンプ+』が熱い! 話題のマンガ5選『SPY×FAMILY』『怪獣8号』…ハマるポイントは?
『週刊少年ジャンプ』のWEBマンガ雑誌と『少年ジャンプ+』がマンガ好きの間では“熱い!”と話題になっているようです。その中から、『SPY×FAMILY』『怪獣8号』など、話題沸騰の5作品を紹介します。
ここ数年、『週刊少年ジャンプ』のWEBマンガ雑誌として次々ヒット作を生み出している『少年ジャンプ+』
マンガ賞を受賞したり、テレビ番組に取り上げられるなど、マンガ好きの間では“熱い!”と話題になっているようです。

そこで、特に注目の5作品をご紹介します。実際に‟ハマった”人の声は?
これから読む人にも楽しめるポイントも!
『SPY×FAMILY』連載開始記念PV

危険な!?仮面家族のホームコメディ『SPY×FAMILY』(著:遠藤達哉)

スパイの‟黄昏”が仕事のために、殺し屋のヨル、超能力者の少女・アーニャと仮面家族になるホームコメディ『SPY×FAMILY』
2019年に連載を開始し、「このマンガがすごい!2020」オトコ編第1位、「マンガ大賞2020」第2位などを獲得。情報番組でも多数紹介されました。

「3人がお互いにスパイ・殺し屋・超能力者ということを隠してるのに、事件が起きるとそれぞれの特技を生かして見事な団結力を発揮するのが面白い。コメディだけど絵柄はシュッとしてるので、戦いではきちんと緊迫感があって飽きません」

「仮面家族なのに‟娘”のアーニャを放っておけず助ける黄昏や、普段は内気なのに急にすごいアクションを披露する‟妻”のヨル。キャラクターのギャップが顔を出す瞬間が好き!」
「1巻で、アーニャと黄昏がソファーで一緒に眠るシーンに胸キュン。イケメン×幼女の組み合わせはずるいです(笑)。アーニャとヨルをうまく教育できなくて困る黄昏も好き」

お受験会場に行く道中でも数々のミッションを乗り越えるなど、スリルとコメディのメリハリが秀逸な『SPY×FAMILY』。
「殺し屋」「スパイ」といったワードに反して、ほっこりできる作品です。

個性爆発!オカルト×青春物語『ダンダダン』(著:龍幸伸)

作者の龍幸伸先生が、『チェンソーマン』の元アシスタントをしていたことでも注目されている『ダンダダン』
オカルトマニアの冴えない男子・高倉と、どちらかといえばギャルのグループにいる女子・綾瀬が、さまざまな怪異に立ち向かうオカルティック青春物語です。
2021年4月に連載を開始してすぐ話題になり、タレントの有吉弘行さんもハマっているのだとか。

「一言でいうと‟楽しい”マンガ。出てくる異星人や幽霊(?)もユーモアたっぷりで気持ち悪くて、‟ターボババア”って何やねん!と思わずつっこみました(笑)」
「クラスで正反対のグループにいそうな男女ふたりが主人公っていうだけでワクワクするけど、高倉健が好きで貞操を守ってる綾瀬がまずかわいい。主人公も、ボロボロになりながら必死で綾瀬を守ろうとする姿が胸アツ!」

「画力が半端なくて、1話1話のボリュームと疾走感もすごい。
デジタルだけじゃもったいので、大きい紙でも読みたい」

お色気シーンも好評の『ダンダダン』ですが、いやらしいというより‟面白い”描き方をしているのも人気のよう。
躍動感あるアクションや、主人公ふたりのテンポの良い掛けあいなど、女子にもワクワクできる作品です。
23 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません