凄さを実感…!映画『るろうに剣心』原作との比較動画がハンパない。「成功した理由がわかる」「2次元がリアルに」

掲載/更新 0
凄さを実感…!映画『るろうに剣心』原作との比較動画がハンパない。「成功した理由がわかる」「2次元がリアルに」
実写映画も公開され、まだまだ『るろうに剣心』の人気は衰えません。7月17日には原作と実写版の必殺技を比較する動画が公開。「2次元の技がリアルに再現されている!」と興奮の声が相次いでいます。
IMAGE
最終章が公開中の実写映画『るろうに剣心』。
るろうに剣心』の魅力といえば、かっこいい必殺技を思い浮かべる人も多いですよね。

7月17日、ジャンプチャンネルは、原作と実写版の必殺技比較動画をYouTubeに投稿。
再現度の高い動きに注目が集まりました。

『るろうに剣心 最終章 The Beginning』新ビジュアル

『るろうに剣心 最終章 The Beginning』新ビジュアル

緋村剣心(佐藤健)の技が原作に負けない迫力!

まず好評だったのが、主人公・緋村剣心の「飛天御剣流 龍槌閃」。高く飛び上がり落下を利用して強い斬撃を与えるモノで、剣心がよく使用する十八番の必殺技です。

実写映画でも剣心役の佐藤健さんが人の頭上より高いジャンプを見せ、迫力満点の仕上がりに。
映画には同じく「飛天御剣流」の「双龍閃」も登場しています。鋭い刀技から瞬時に鞘で2撃目を繰り出す姿は、目を見張る美しさ。

剣心の華麗な刀技の数々に、「空中から一気に切りかかるのが爽快」「思いっきり剣を振り下ろす健くんがまさに剣心って感じ!」と興奮の声が相次いでいました。

斎藤一(江口洋介)の「牙突」にも絶賛

江口洋介さん演じる斎藤一「牙突」も人気の技。
腰を深く落とした状態から一気に間合いを詰めて貫く姿は、名高い剣豪のような貫禄を感じられます。

原作に劣らない気迫たっぷりな「牙突」へ、ファンからも「一瞬で勝負を決めるところが堪らない」「原作の勢いがしっかり再現されててお見事!」など絶賛のコメントが尽きません。
また「マンガを現実で再現するにはCGを使わないと不可能。それを現実に近い剣術に落とし込んでいるのが素晴らしい」「技名を叫んだりしないところがカッコいいんだよね」など、実写表現の巧みさにも感心の声が上がっていました。
漫画と変わらない勢いで、激しいバトルを楽しめる実写版『るろうに剣心』。1度見た人も原作と比較しながら、驚異の必殺技再現度をチェックしてみてはいかがでしょう?
14 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません