映画『るろうに剣心 最終章 The Beginning』3つの見どころは?「剣心と巴に泣いた…」「緊迫感がすごい」

掲載/更新 0
映画『るろうに剣心 最終章 The Beginning』3つの見どころは?「剣心と巴に泣いた…」「緊迫感がすごい」
ついにフィナーレを迎える映画『るろうに剣心 最終章 The Beginning』、実際に劇場に足を運んだ人に感想を聞いてみました。注目すべきポイントは?
IMAGE
6月4日(金)よりついに公開となった映画『るろうに剣心 最終章 The Beginning』。2012年公開の第一作目から約10年、とうとう『The Beginning』をもってフィナーレを迎えます。

佐藤健さん演じる剣心らの再現度が高いビジュアルや、圧倒的なアクションが話題となった本シリーズの最終章ということで心待ちにしていた人も多いと思いますが、その見どころは……?

実際に視聴した人の感想やポイントをピックアップしてご紹介します。

『るろうに剣心 最終章 The Beginning』新ビジュアル

『るろうに剣心 最終章 The Beginning』新ビジュアル

【1】剣心を取り巻く人間ドラマにグッとくる…!

これまでの映画『るろうに剣心』は、ド派手なアクションとユーモアあふれるキャラが見どころでした。
明治時代の設定でありつつも、奇天烈な武器や強敵が出てくるなど、度肝を抜かれるシーンにシビれたファンも多いかと思います。
今回の『るろうに剣心 The Beginning」では、その雰囲気が少し変わっていたという印象を持った人も。

「“新選組”や“桂小太郎”、“池田屋事件”や“禁門の変”など、実在していた人物や史実を織り交ぜて剣を交わすシーンから目が離せませんでした。まさに濃厚な時代劇然とした作りで、今までの作品とは一線を画していたように感じます」
「今まではラスボスのような強敵を倒す、といったストーリーが軸になっていましたが、今回は敵が誰ということがなく、それぞれの正義を貫くために行動する個々の動きに目が行きました。

そののためには人も斬るし、騙すこともする。そんな中に愛情も存在する……という内容で、キャラクターの心の動きにグッときました…! 剣心を取り巻く人々の人情劇のようでした」
脚本も担当した大友啓史監督は、「人物の心の機敏まで深く掘り下げた人間ドラマを描き切る」と映画のパンフレット内でも言及しています。

アクションだけではなく、ヒューマンストーリーとしても見ごたえのある作品に仕上がっており、剣心を中心に目まぐるしく変わる物語にはドキドキハラハラです。

【2】剣心と巴の結末が泣けた…

“人斬り抜刀斎”時代の剣心が描かれる本作。その通り名の通り、剣客時代の剣心は多くの侍に恐れられていました。そんな剣心が巴に出会い、変化していく様も惹きつけられるシーンのひとつ。

「罪の意識に苦しむ剣心の生き方が純粋ゆえに痛々しくて。巴に「ほっといてくれ」と泣きそうな声でいうシーンには心が締め付けられそうになりました。

そんな剣心が、巴と過ごしていく中で変化していく姿を観ていると思わず笑顔になってしまいそうに……。この剣心の変化に是非注目していただきたいです!」
23 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません