『ONE PIECE』ヤマトは麦わらの一味になる?加入派と否定派、みんなの考察は…

掲載/更新 0
『ONE PIECE』ヤマトは麦わらの一味になる?加入派と否定派、みんなの考察は…
週刊少年ジャンプ28号に掲載された『ONE PIECE』第1016話“お玉でやんす!!”では、ヤマトの爆弾発言に波紋が。ヤマトは仲間になる? ならない? ネット上ではエースの言葉やルフィの性格、ヤマトの能力から様々な意見が飛び交っています。
IMAGE
週刊少年ジャンプ28号に掲載された『ONE PIECE』第1016話“お玉でやんす!!”​では、ナミがゼウスともについにうるティを撃破! そして、ヤマトが父・カイドウと対峙しました。

“縁”を断ち切るべくカイドウの元へ上がっていったヤマトから飛び出した「僕はルフィと一緒に海へ出る!!!」発言が、彼女(彼)が11人目の仲間として麦わらの一味に加入確定ではないかとネット上をザワつかせています。しかし、麦わらの一味として仲間になるには難しそうな部分もあって……?

ヤマトは麦わらの一味に入る? 入らない? それぞれの読者の意見をご紹介します。

※記事の性質上、本編の内容に触れています。

DVD『ONE PIECE ワンピース 20THシーズン ワノ国編』piece.19 画像

DVD『ONE PIECE ワンピース 20THシーズン ワノ国編』piece.19 より

“仲間になる”派の意見は?

ヤマトが麦わらの一味に加入すると確信している派の読者は、やはりヤマト自身の“ルフィと一緒に海へ出る”発言を、“麦わらの一味に入って仲間として旅をすること”だとストレートに解釈している人が圧倒的でした。

確かに、あの豪放磊落な光月おでんそのものになろうとしているヤマトの言葉ですから、ルフィと一緒=麦わらの一味に入ることと捻りなくそのまま受け取るべきなのかもしれません。
また、第999話“君がため醸みし待酒”では生前のエースと交流があったことが判明しましたよね。
意気投合した2人は一緒に海に出られないことを惜しむような会話を交わしたり、エースがこれから海賊として台頭するであろう弟(=ルフィ)の存在を示したりしていましたが、この時のやりとりがヤマトの一味入りへの伏線になっているのではないかと読む人も。

そして「おでん漫遊記」を読み、おでんが書き記した限りの世界の謎にまつわるあれこれを知り得たとみられるヤマトですが、彼女(彼)ならばルフィが知りたくない部分を明かすことなく、「さりげなくルフィたちの冒険をサポートしてくれそう」との意見もありました。

“仲間にならない”派の意見は?

一方、ヤマトは麦わらの一味に入らないと読んでいる読者は、先のヤマトの“ルフィと一緒に海へ出る”発言は、ただ同じタイミングで出航するだけと捉え、むしろ一味に入ることを思わせるミスリードだと考える人が多いよう。

また前項ではヤマトがおでんの航海日誌を読んだ旨に触れましたが、麦わらの一味の船長であるルフィはとにかく未知なる冒険が大好きで、一歩一歩自分の足で進んで行くことを信条としています。

過去にレイリーからラフテルについて聞かされそうになった時には「つまらねェ冒険ならおれはしねェ!!!!」と本気で怒ったこともあれば、映画『ONE PIECE STAMPEDE』では貴重なラフテルへのエターナルポースをなんの躊躇もなく壊してしまったこともあるほど。

そんな彼が、すでにこの先どう進めばいいかを知っているヤマトをわざわざ仲間に引き込むだろうか? と疑問が浮かんできます。
さらに、これまではルフィ自ら仲間に誘ってクルーを増やしているパターンがほとんど。
ルフィはまだヤマトに「仲間になれ」と声をかけたことはありませんし、自分から“仲間になりたい”感を匂わせているヤマトが一味入りを果たす可能性は低いのではないかと考えられているようです。
14 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません