信じる?『鬼滅の刃』竈門炭彦には“無惨の血”が流れてる説 名前や行動にあるヒントとは

じつは無惨が人間に紛れている時の名前は「月彦」。

そもそも無惨は存在が一定ではなく、数あるうちの1つが“月彦”と呼ばれる仮の姿でした。

ほかにも疑われる要素が

さらに嘘をついてまで寝ようとする炭彦に対し、カナタが放った“寝汚い(いぎたない)”という言葉。

朝に弱い=太陽が昇っている朝が苦手ととることもできます。
鬼である無惨も太陽が苦手だったころから信憑性に拍車がかかっているようです。
11 件
  

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは