『ヒロアカ』内通者に騒然…伏線がこんなにあった。彼の意味深な言動の数々に注目

掲載/更新 0
『ヒロアカ』内通者に騒然…伏線がこんなにあった。彼の意味深な言動の数々に注目
毎週盛り上がりを見せる『僕のヒーローアカデミア』。第336話ではついに内通者が発覚し読者が騒然! 実は、これまでにも彼が内通者であることを示唆する伏線が至る所で描かれていたようで……?
IMAGE
週刊少年ジャンプ1号に掲載された『僕のヒーローアカデミア』No.336「敵」で、ついに内通者が判明しました。

敵(ヴィラン)に情報を漏らしていたことに衝撃が走る一方、ここに至るまでには彼が内通者であることを匂わせる伏線がいくつもあったということが読者の間で話題を呼んでいるようです。SOSともいうべき伏線は、どこに隠されていたのでしょうか?

※記事の特性上、原作の内容に触れています。未読の方はご注意ください。

DVD『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ヒーローズ:ライジング』画像

DVD『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ヒーローズ:ライジング』より

初めの違和感はUSJ襲撃事件に

内通者の正体は青山優雅でした。
まず最初の伏線はまだ物語も序盤の頃、雄英高校の人命救助(レスキュー)訓練施設「USJ(ウソの災害や事故ルーム)」での授業でのこと。

13号による授業中、死柄木弔率いる敵連合がオールマイトの命を狙って突如敷地内に現れ奇襲を仕掛けてきたこの「USJ襲撃事件」は、「この日この時間にオールマイトがUSJに現れる」という敵側が知るはずもない校内の情報を得ていたことで、初めて“内通者”のワードが浮上したシーンとなっています。
また、これが初めて雄英高校自体がピンチに見舞われたできごとでもありました。
緑谷出久、蛙吹梅雨、峰田実が協力してピンチを切り抜けたり、飯田天哉が助けを呼びに行ったりと入学したばかりの1年A組の生徒たちも突然の実践に必死に食らいついていく中、青山の所在は不明だったのです。

“名前”と“個性”の法則。出久との対比も

また今回、青山は出久と同じように元は無個性であったことも明らかとなりました。

ヒロアカ』の世界では、それぞれが持つ個性は基本的に親から遺伝しているもの。
そのためか、爆破の爆豪勝己、半冷半燃の轟焦凍、と言ったように多くのキャラクターの名前は自身の個性と紐づいたものになっています。
26 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません