『進撃の巨人』最終巻はどうだった?「リヴァイの言葉に泣く…」「諫山先生の才能を感じた」【ネタバレなし】

『進撃の巨人』最終巻はどうだった?「リヴァイの言葉に泣く…」「諫山先生の才能を感じた」【ネタバレなし】
6月9日、ついに最終巻となる『進撃の巨人』34巻が発売されました。11年に渡る、壮大な物語の終焉を見届けた読者の感想は…?
IMAGE
6月9日、ついに進撃の巨人』(諫山創/講談社)の最終巻となる34巻が発売されました。

2009年に連載が開始され、累計発行部数は世界で1億部を超え。本誌やコミックスが発売されるたびにSNSのトレンドに上がる超人気作です。
最終巻には4月に発売された本誌『別冊マガジン』の内容への加筆修正、単行本のお楽しみ『進撃のスクールカースト』も掲載されました。おそらく、多くの人が34巻を読んでそれぞれに“終わり”を実感したことでしょう。

『進撃の巨人』34巻(講談社)画像

『進撃の巨人』34巻(講談社)より

進撃の巨人』は、母を殺した謎の生命体・巨人に強い憎しみを抱き、復讐のために生きる主人公エレン・イェーガーを中心に、巨人と人類の戦いを描くダークファンタジー

多くの人が「そういえばそんな時代もあったね……」と、遠くを見たことでしょう。ストーリーが進むほどに複雑に絡み合う謎と、伏線に次ぐ伏線、残酷な真実とその先に待ち受ける地獄……。クライマックスはページをめくるのがやっとでした(私が)。

そこで今回は『進撃の巨人』の最終話を読んだ読者に、率直な感想を聞いてみました。

とにかく風呂敷を畳んでくれてありがとう

17 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは