『呪術廻戦』髙羽史彦の“七三ぐらい”は何を意味する?七海建人の術式との関係は…

『呪術廻戦』髙羽史彦の“七三ぐらい”は何を意味する?七海建人の術式との関係は…
『呪術廻戦』の人気キャラクターであり、七三分けにサングラスがトレードマークの脱サラ呪術師・七海建人。じつは最近、ファンの間で髙羽史彦が七海の術式と関係があるのではないか、と囁かれているようです。その根拠とは?
IMAGE
呪術廻戦』屈指の人気キャラ・七海建人は、七三分けにサングラスがトレードマークの脱サラ呪術師​。

原作83~136話にあたる「渋谷事変」編で衝撃の事態に陥ってしまった彼ですが、最近ネット上ではある人物が「七海の術式と関係があるのではないか」ともっぱらの噂です。

注目すべきは髙羽史彦の“あの発言”!

関係が予想される七海の術式とは、どんな相手にも強制的に弱点を作り出すことができる「十劃呪法(とおかくじゅほう)」。

対象の長さを線分にした時にちょうど7:3の比率に攻撃を当てることができれば、強制的にクリティカルヒットとなる七海特有の術式です。
11 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは