『呪術廻戦』五条悟って結局何者?最強の呪術師が生まれた経緯とは。夏油傑や夜蛾との意外な関係も

掲載/更新 0
『呪術廻戦』五条悟って結局何者?最強の呪術師が生まれた経緯とは。夏油傑や夜蛾との意外な関係も
【呪術キャラの魅力】『呪術廻戦』随一の人気を誇るキャラクター、五条悟。本記事ではそんな彼にスポットを当て、キャラクターが生まれたきっかけから好物や交友関係などパーソナルな部分に迫ります。
IMAGE
“呪いで呪いを祓う”をテーマにしたバトル漫画『呪術廻戦』。近年、『鬼滅の刃』を代表するところのアニメや漫画が社会現象を巻き起こしていますが、今最も勢いのある作品と言えば、間違いなく『呪術廻戦』だと言えるでしょう。

その人気の最たる理由の一つとして挙げられるのが、劇中最強キャラにして、屈指の人気を誇る五条悟の存在です。
幾度となく最強の呪術師として名前が挙げられている五条悟とは一体何者なのかに注目してみましょう。

DVD『呪術廻戦 Vol.3』画像

DVD『呪術廻戦 Vol.3』より

五条悟誕生の経緯。アイマスクになった理由は…

まず初めに、いかにして五条悟というキャラクターが誕生したのか、その経緯に迫ってみましょう。

そもそも五条悟というキャラクターは、岸本斉史先生による『NARUTO』に登場する木の葉隠れの里の上忍・はたけカカシと共通する部分が多く、カカシをモチーフにしたキャラクターだと言われてきました。

しかしながら、それは大きな間違いであり、芥見下々先生は当初『呪術廻戦0 東京都立呪術高等専門学校』に五条悟というキャラクターを登場させようと考えた際、同じく『NARUTO』の序盤の山場である「中忍試験」に登場する包帯で顔面をグルグル巻きにした試験官から着想を得たと語っています。
だからこそ『呪術廻戦0』に登場した際の五条は目元を包帯で隠していたのです。それでも五条悟とはたけカカシには共通点も多いため、少なからず影響は受けていると言えそうです。

それでは元々包帯グルグルのキャラクターからインスピレーションを受けたのならば、なぜ『呪術廻戦​』本シリーズでは、包帯からアイマスクに変わったのでしょうか?
その理由について芥見先生は、長期連載になったことによる単純な労力カットだったと語っています。
つまりは包帯だと細かく線をいれたりしなくてはなりませんが、黒いアイマスクであればそこまでしなくても良くなるということです。
35 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません