『呪術廻戦』伏黒恵が特別視される3つの理由。秘めた力を持つキーパーソン【呪術キャラの魅力】

掲載/更新 0
『呪術廻戦』伏黒恵が特別視される3つの理由。秘めた力を持つキーパーソン【呪術キャラの魅力】
『呪術廻戦』の主人公・虎杖悠仁の親友であり、物語のキーパーソンでもある伏黒恵。彼の術式や“パパ黒”との関係など、その魅力に迫ります。
IMAGE
世に害をなす「呪い」から人々を救う呪術師を育てる呪術高専の学生たちと、呪霊たちとの戦いを描いた異能バトルマンガ『呪術廻戦』(芥見下々著「週刊少年ジャンプ」連載中)。

アニメ化でブームを起こした本作に登場するキャラクターたちの、気になるところを探っていきましょう。

※記事の特性上、原作の内容に触れています。気になる方はご注意ください。

DVD『呪術廻戦』Vol.2

DVD『呪術廻戦』Vol.2

週間少年ジャンプで連載中の『呪術廻戦』。本誌では新章開幕への予感が高まり、物語がどう展開していくのかが気になるところ。

本記事では、主人公・虎杖悠仁の親友で、物語のキーパーソンでもある伏黒恵をピックアップ
人物紹介とともにその魅力を探っていきましょう。

恵の術式と強さ。より強力になることも

伏黒恵は東京都立呪術高等専門学校の1年生。影を媒介にした式神術「十種影法術」の術式をもっています。

これまでに呼び出した式神は玉犬(白・黒)、鵺、大蛇、蝦蟇、満象、脱兎の7匹。さらに、拡張術式で式神の能力を掛け合わせることもでき、鵺と蝦蟇を掛け合わせた不知井底も登場しています。

十種影法術の特徴は、1度式神が破壊されると2度と式神を顕現することができない代わりに、その力を他の式神に引き継ぐことができるということ。

作中では宿儺に破壊された玉犬・白の力を受け継ぎ、玉犬・黒が玉犬・渾として進化することになりました。この引き継ぎシステムは十種影法術の強みで、戦いを積み重ねていくことで式神の力が受け継がれていく、より強力な式神を使役できる可能性があるということです。

⇒次ページ:恵が両面宿儺に特別視される理由とは…
31 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません