『約束のネバーランド』完結に感動の声が溢れる。これまでの“謎”も明らかに!

『約束のネバーランド』完結に感動の声が溢れる。これまでの“謎”も明らかに!
実写化も決定している『約束のネバーランド』がついに最終回! 人気マンガのフィナーレに読者の反応は? そして明かされたさまざまな謎とは?
『週刊少年ジャンプ』掲載の人気マンガ『約束のネバーランド』が6月15日発売、第181話「運命の向こう岸」にて約4年間の連載にフィナーレを飾りました。

少年少女たちが鬼の食糧児として育てられているという衝撃的な設定、生き残るために育ての親との間で繰り広げられる頭脳戦の緊迫感、など連載当初から話題になった作品です。

※以下、ネタバレがあります。未読の方はご注意ください。

美しい幕引きに感動…!

そんな“約ネバ”ですが、最近の連載ではクライマックスに向けて怒濤の展開が続いていました。

主人公のエマたちが目標としていた農園(食糧児たちが育てられた孤児院)の廃止、友人の鬼・ムジカが新たな王として戴冠することで鬼の世界に革命が起こる、育ての親であるイザベラとの別れなど、物語の核となるエピソードが次々と描かれていきます。

そして、第179話「代償」でエマと鬼の頂点に君臨する王(鬼の王)による“約束”が履行され、子どもたちは人間の世界へと飛ばされることに。
13 件
  

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは