『チェンソーマン』最終回に登場した“ナユタ”って… 鍵は藤本タツキの読み切り作品にある?

掲載/更新 0
『チェンソーマン』最終回に登場した“ナユタ”って… 鍵は藤本タツキの読み切り作品にある?
藤本タツキ先生の大人気漫画『チェンソーマン』。第1部の最終回では“ナユタ”という支配の悪魔がお目見えしましたが、いったい彼女は何者?
12月14日発売の『週刊少年ジャンプ』2号にて、第1部の最終回を迎えた『チェンソーマン』。

物語終盤には支配の悪魔ナユタ”と呼ばれる少女が登場しましたが、じつは……。

ナユタは『予言のナユタ』のセルフオマージュ?

支配の悪魔・マキマの生まれ変わりのような立ち位置で、突如本作に登場したナユタ。

デンジの指導役・岸辺が中国から連れてきたそうで、物語終盤ではデンジと一緒に暮らす姿が描かれていました。
12 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません