『チェンソーマン』ずっと謎だった伏線回収!謎の"夢"に隠れた真実とは…ラスボスはあの人で確定か?

掲載/更新 0
『チェンソーマン』ずっと謎だった伏線回収!謎の"夢"に隠れた真実とは…ラスボスはあの人で確定か?
ショッキングな展開で話題沸騰中の『チェンソーマン』。8月31日に発売された『週刊少年ジャンプ39号』で、ある伏線の謎が解明! さらに新たな伏線も浮上して……読者の反応・考察は?
ここ最近のショッキングなストーリー展開により、アメリカでもトレンド入りしている『チェンソーマン』
今週8月31日に発売された『週刊少年ジャンプ』39号では、主人公・デンジのある伏線の謎が解明&マキマの真の目的が判明しました。
さらに、8月24日発売の38号新たな伏線が登場! 「ラスボスはあの人で確定か!?」とネットを騒がせています。
『チェンソーマン』(著:藤本タツキ先生)は、個人でデビルハンターをして日銭を稼いでいた少年・デンジがある日、親友で悪魔のポチタを“体に宿した”ことで、体からチェンソーを出して戦えるようになり……というところから始まる物語。
その力で公安デビルハンターの女・マキマにスカウトされたデンジは、先輩の早川アキ(男)&女魔人のパワー(女)と同居しながら、公安デビルハンターとして働きます。

※ここから先は重大なネタバレを含みます。コミックス派の方はご注意ください。

「開けちゃダメだ」の言葉に隠れていたものは…

これまで、“銃の悪魔”がアキのふりをして家に来た時など、不吉な予感としてたびたび登場したデンジの夢。

それが、不気味な扉と、誰かの「開けちゃダメだ」という声でした。
編集者ツイートより
8月31日に発売された『週刊少年ジャンプ』39号では、ついにその夢の謎が解明。
昔、借金まみれで自殺したと思われていたデンジの父親……しかし、実はデンジが手にかけており、デンジはその記憶を自分で消してしまったようです。

扉の向こうにあるのは父親の死体、つまり扉は、認めたくない罪の記憶……。
ポチタはデンジに思い出させないよう、デンジの体内から必死に「開けちゃダメだ」と止めていたと思われます。
親友・ポチタの思いやりが切ないですね……。

女上司・マキマの恐ろしい目的が判明

そして、デンジの上司にも関わらず、読者の間でずっとラスボス説があったマキマの目的も判明。

デンジにとってあこがれの女性で、普通の生活を与えてくれたマキマですが……その目的は、ポチタとデンジがかつて交わした「デンジが普通の生活をする代わりに、ポチタがデンジに心臓をあげる」という約束=契約を無効にして、デンジを支配することだったようです。
そのためにデンジが得た幸せ=アキやパワーを奪うことでデンジの精神を崩壊させ、普通の生活ができなくなるようにした……という、ショッキングすぎる真相でした。

一体なんのためにそこまで?というのは、この後説明する新たな伏線にも関係がありそうです。
もう一つ引っかかるのが、マキマがデンジとポチタの“契約”だと思っていることが、違うかもしれないこと。
「普通の生活をしてほしい」というのはむしろデンジがポチタに言ったことであり、また、デンジはポチタと出会った時、「これは契約だ。お前を助けてやるから、俺を助けろ」と、瀕死のポチタに血を与えています。
「契約」と言うのなら、こちらの方が有効ではないでしょうか。
18 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません