ミュージカル『スタミュ』-2ndシーズン-詳細レポート――夢を諦める方法なんて、知らない!

ミュージカル『スタミュ』-2ndシーズン-詳細レポート――夢を諦める方法なんて、知らない!

7月4日(水)日本青年館ホールにて、ミュージカル『スタミュ』-2ndシーズン-が開幕! 『スタミュミュ』の愛称で親しまれ、大好評で幕を閉じた前作から約1年強。今作はOVA(全2巻)にオリジナルエピソードを交え、華桜会の先輩たちの“卒業”を主軸に描かれる物語です。team鳳、team柊、それぞれのチームの先輩たちに対する気持ちがリアルにあふれ出す感動のステージの様子を、第1幕前半までのストーリーを追いながらレポートします。

「夢を諦める方法なんて、知らない!」華やかな2ndシーズンの幕開け

“憧れの高校生”を追って音楽芸能分野の名門・綾薙学園に入学した星谷悠太(杉江大志さん)。そんな星谷は学園のトップスター集団“華桜会”の異端児・鳳樹(丘山晴己さん)に見いだされ、那雪透(山中翔太さん)月皇海斗(ランズベリー・アーサーさん)天花寺翔(鈴木勝吾さん) 空閑愁(新里宏太さん)と共に “team鳳”としてミュージカル学科合格を目指しますが、その前途は困難続き。

スタミュミュ1

一方、ミュージカル学科をトップ成績で合格したのは華桜会の主席・柊翼(畠山遼さん)の教え子たち “team柊”。辰己琉唯(櫻井圭登さん)申渡栄吾(北川尚弥さん)戌峰誠士郎(丹澤誠二さん)虎石和泉(高野洸さん)卯川晶(星元裕月さん)の5人です。本作はそんな“スター・オブ・スター”と称される彼らのパフォーマンスから始まります。楽曲は『カメレオン・スター!』
今年4月には単独レビュー公演も行ったteam柊のキャスト5人。まさに「スターならここにいる!」。どこか色っぽく、挑発的で、堂々としたパフォーマンスは流石の一言でした。

スタミュミュ2

休む間もなく『SING A SONG! MUSICAL!』に合わせて華桜会の4人、柊翼、暁鏡司(滝澤諒さん)楪=クリスチアン=リオン(釣本南さん)漣朔也(TAKAさん)によるパフォーマンスが披露されます。こちらは明るい楽曲で、「ここに始まる 君のショウタイム!」とそれぞれの“スター枠”の教え子たちを温かく導く先輩達の姿が見られましたが、華桜会から籍を抜いている鳳は一人、彼らの後ろからそのパフォーマンスを見つめます。

スタミュミュ3

“綾薙祭”への出場停止処分を下されてしまったteam鳳の5人。そこで彼らの代わりに鳳が華桜会を抜け、華桜会の恩恵を受ける“スター枠”ではなく“一般枠”として試験に挑戦し、5人はミュージカル学科に合格することが出来たのでした。


こういった前作『スタミュミュ』のあらすじが描かれたところで、今作のテーマソングとも言える楽曲『ユメ・イロ』が流れます。
『スタミュミュ』2ndシーズンは、華桜会の先輩たちの“卒業”をメインにしたストーリー。卒業式とは別に、ミュージカル学科だけに受け継がれてきた伝統の儀式“卒業セレモニー”。“スター枠”のチームが指導者である華桜会のメンバーに感謝を込めてパフォーマンスを披露する“最後の晴れ舞台”と言われています。しかし、華桜会でなくなった鳳が率いていた“元・team鳳”は卒業セレモニーへの参加資格を持ちません。

『ユメ・イロ』の間奏では星谷が、「“元”team鳳なんて嫌です……! オレたちは、夢を諦める方法なんて、知らない――!」とこの作品の代名詞とも言える名台詞を聞かせてくれました。それはまさに魂の叫び。オープニングの段階でかなり期待感が高まる瞬間でした。

突然始まるミュージカルはまさに『スタミュミュ』! チームを越えての交流も

ミュージカル学科の入科テストを終えた元・team鳳とteam柊は変わらず良きライバル関係ではあるものの、以前よりも交流を深めて、共に鍋を囲む仲になっています。前作『スタミュミュ』はteam鳳がひとつになるまでの物語でしたが、今作ではチームごとに、またチームの垣根を越えて、より一層仲良くなっているメンバー達に注目です。

相変わらず愛猫のタヴィアンに構うことに夢中な天花寺。ペット禁止の寮でteam柊の戌峰卯川にタヴィアンの存在がバレそうになってしまう場面では、星谷とともに大奮闘、自ら猫のモノマネをして乗り切るという力技を披露します。

スタミュミュ4

36 件
イケメン編集部の日常コメディーマンガ「毎日が沼!」隔週金曜更新

スタッフいちおし

編集者一覧

小日向ハル
二階堂宗一郎
結城まひろ
佐伯圭介
白鳥雅
用語集 気になる用語をCHECK!!