広告をスキップ

朝ドラ『エール』に腐女子が注目。窪田正孝、山崎育三郎らの関係性が尊い…!

3/30より放送開始したNHK朝の連続テレビ小説『エール』。声優の津田健次郎さんがナレーションを務めることでも話題となった本作。
主人公の古山裕一を窪田正孝さん、幼馴染みの親友である佐藤久志を山崎育三郎さん、村野鉄男を中村蒼さんが演じることで、イケメン好きの女性からも熱い視線が向けられています。

第一週、第二週では裕一たちの少年時代が中心にストーリーが展開中。
そんななか、少年時代の主人公を中心とした友人達との関係性に腐女子のみなさんの注目が集まっているようです。

NHK連続テレビ小説 『エール』 オリジナル・サウンド...

NHK連続テレビ小説 『エール』 オリジナル・サウンドトラック

via 『エール』 オリジナル・サウンドトラック プレスリリースより

立ったキャラクターが魅力の『エール』

東京五輪の「オリンピック・マーチ」、全国高等学校野球選手権大会の大会歌「栄冠は君に輝く」などの作曲家・古関裕而さん夫妻の生涯をモデルにしたこのドラマ。放送中の第二週では主人公・古山裕一の少年時代が描かれています。
福島の老舗呉服屋に長男坊として生まれた裕一は、内気で不器用ゆえにガキ大将の乃木大将こと村野鉄男などからいじめられがち。
しかし、担任の藤堂先生 (森山直太朗)、お金持ちで不思議な雰囲気を持ったクラスメイト・佐藤久志、そして優しい家族などの面々に温かく見守られながら、音楽と出会い、その才能を伸ばしていく……というのが、いままでのおおまかなあらすじです。

朝ドラらしい爽やかで明るい気分になるストーリーで、視聴者の評判もおおむね上々のようです。
なかでもオタクたちの間で好評なのが、そのキャラクターと関係性なのだとか。

男子3人の関係性にグッとくる…という声

内気で才能豊かな主人公ひみつを持ったいじめっ子不思議なお坊ちゃん……など、分かりやすい個性豊かなキャラクターたちに心を奪われる視聴者が続出していると言います。

いじめっ子・鉄男は暗い家庭環境でありながらも文学的才能を持ち、その秘密は裕一だけが知っている――という界隈にはグッとくる設定。それを静かに見守るお坊ちゃん・久志もふたりの関係にいいスパイスを与えてくれています。

4/6放送の第6話では、裕一は鉄男の家庭環境や詩作の趣味などの秘密を知ってしまい、険悪な雰囲気になってしまったふたり。
しかしながらも和解し、6話ラストの鉄男の書いた詩に裕一が曲をつけるシーンは大きな感動を呼びました。

放映後のSNSには絶賛の声と、少年時代編の終わりを惜しむ声が。

『素敵な友情のシーンなのに腐女子モードが発動してしまう』
『詩人のガキ大将に作曲家のお坊ちゃんなんて、界隈が悶絶する設定!』
『暗い世の中に、NHKで良質な幼なじみモノが見られるなんて……』
『主人公がすべてを受けとめる……まさに尊い』

鉄夫は生活苦で家族とともに夜逃げをし、裕一の元から去ってしまいましたが、「彼らがヒット曲の数々を生むのはずっと先の話」と明かされていることから、ロスになることなかれ。ふたりの友情はまだまだこれから先も続くようです。

窪田正孝、山崎育三郎、中村蒼の成長した姿にも期待!

その後、成長した裕一は窪田正孝さん、鉄男は中村蒼さん、久志は山崎育三郎さんが演じることが決まっています。

モデルの人物がそれぞれ、作曲家、作詞家、歌手、であることから、三人はその後もずっとかかわりあって来るだろうことが予想されます。一体、どんな関係性を築いてゆくのか期待が膨らみます。

他、先日急逝した志村けんさんが生前に収録したシーンがそのまま放送されることが決まるなど、大注目の『エール』。これからの展開も見逃せませんね!

IMAGE

numan編集部

声優、アニメ、舞台、ゲームまで!オタク女子のための推し活応援メディア

オタ腐★幾星霜