『テニミュ』『舞台「黒執事」』のアートディレクターを直撃!――舞台ビジュアルはどうやって作られる?【前編】

『テニミュ』『舞台「黒執事」』のアートディレクターを直撃!――舞台ビジュアルはどうやって作られる?【前編】
2.5次元舞台に欠かせない、美麗な”ビジュアル”。舞台の顔ともいえる"メインビジュアル"や"キャストビジュアル"は一体どのようにして作られるのでしょうか。『ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」』やミュージカル『テニスの王子様』など、数多くの作品を手がけてきたアートディレクターの岡垣吏紗さんにお話を伺いました。ビジュアルの秘密を、前後編の2回に渡ってお届けします!
■岡垣吏紗(おかがき・りさ)
アートディレクター。株式会社Gene & Fred所属。『ミュージカル「テニスの王子様」』、『ミュージカル「黒執事」』ほか、『舞台「パタリロ!」』、『舞台版「こちら葛飾区亀有公園前派出所」』など話題作の宣伝美術を多く手がけている。

ゼロから公演の世界観を作り上げていく

Gene & Fred1

2018年6月に開幕した、MANKAI STAGE『A3!』~SPRING & SUMMER~の宣伝美術も担当。10月には東京凱旋公演を控えている。 © Liber Entertainment Inc. All Rights Reserved.© MANKAI STAGE『A3!』製作委員会 2018

――まず最初に、岡垣さんの仕事内容を教えてください。  

岡垣吏紗(以下、岡垣)  アートディレクターとして舞台の宣伝美術(※)を制作しています。ポスターなどで使用される”メインビジュアル”やキャストが衣裳に身を包んだ”キャストビジュアル”、パンフレット、そして作品によってはブロマイドなどのグッズまわりやWEBサイトのビジュアルまで、舞台の"絵作り"に関するものに全般的に関わっています。  

※宣伝美術=公演作品の世界観を象徴したビジュアルのこと。
25 件

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは