石原壮馬&株元英彰対談インタビュー|劇団プレステージ第13回本公演『ディペンデントデイ~7人の依存症~』

石原壮馬&株元英彰対談インタビュー|劇団プレステージ第13回本公演『ディペンデントデイ~7人の依存症~』
劇団プレステージによる第13回本公演『ディペンデントデイ~7人の依存症~』が、8月1日より公演スタート! 株元英彰さんと石原壮馬さん、お二人の対談インタビューをお届けします。

石原壮馬&株元英彰対談インタビュー|劇団プレステージ第13回本公演『ディペンデントデイ~7人の依存症~』 numan

とある依存症の7人が織り成す“どコメディ”

――それぞれの役どころからうかがえればと思います。
株元 僕の役は話のキーになるような男で……くわしく言えないのですが(笑)、すごく大事な役になっています。コメディ作品ではあるんですけども、その中で僕が担わなきゃいけない役割というのはストーリーを届けるためにも軸をぶらさずに貫き通してやらないといけないなと思ってます。

――主役、ということになりますよね。
株元 そうですね。でも、主役だからどうこうというよりは、本に書かれた自分の役をしっかりと全うするっていうところに集中して、気負わずに臨みたいです。プレッシャーもそんなに感じてないですし、楽しみのほうが大きいですね。
石原 逆に僕は周りから色を足していくというか、依存症のひとりとして今回出させていただきます。依存症って聞くと、マイナスに捉えられちゃうかもしれないですけど、ある特定のことに対してすごく熱を持ってる、ということなので、そこをどこか面白く演じることができたらいいなと思っています。

――“依存症”と聞くと重いのかなと一瞬思いますが、そうではなく。

石原 出てくるワードは重いんですけど、そんな重苦しくはないです。
株元 というか、“どコメディ”ですね(笑)。依存症の人たちの会話劇が面白かったり、そこがどう絡んで最後のラストにつながっていくのか、楽しみにして欲しいです。
23 件

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは