佐藤健が演じた2次元キャラ4選。驚異的な身体能力とハイレベルな演技にドキッ…!

掲載/更新 0
佐藤健が演じた2次元キャラ4選。驚異的な身体能力とハイレベルな演技にドキッ…!
『仮面ライダー電王』でブレイクして以来、数々のドラマや映画などに出演する佐藤健さん。『るろうに剣心』や『ROOKIES』など佐藤さんが演じた魅力的な役を振り返ります。
IMAGE
10年以上にわたって第一線で活躍し続けている人気俳優・佐藤健さん。高い演技力と非現実的なレベルのイケメンぶり、圧巻の身体能力も併せ持ち、さまざまな役を演じています。

今回は佐藤健さんが、その演技力とビジュアルで再現したマンガの人気キャラを振り返りましょう。

『みやぎから、』(NHK出版)

『みやぎから、』(NHK出版)

映画『るろうに剣心』緋村剣心:凄まじい剣戟とハイレベルな殺陣に驚く

和月伸宏先生が週刊少年ジャンプで連載していた人気マンガ『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-』の実写版シリーズは、一作目から20億円を超える大ヒットを飛ばし、完結の5作まで作られて累計で190億円の興行収入を稼ぎ、実写映画の最高の成功例のひとつとなりました。
『るろうに剣心』の実写版成功最大の要因は、主人公の“人斬り抜刀斎”こと緋村剣心を演じた佐藤健さんの一世一代のハマりっぷりにあると言えるでしょう。

柔和な優男から、歴戦の最強の剣豪に切り替わる表情や声色に絶妙な演技、特に剣心おなじみの「おろ?」をアニメとも違う、実写でやるのに違和感のない自然な言い回しで再現しているのも見どころです。歴戦の人斬りとして背負った悲哀も確かに感じる見事な演技を見せています。

また、彼の10年間の見た目の変わらなさも驚異的でした。おかげで10年かけてじっくり「るろ剣」の世界を描き、原作とは違い最後に剣心の過去編を持ってくるという実写版ならではの斬新な円環構造の構成も可能となっています。
そして、原作通りの凄まじい剣戟を再現した驚異的身体能力は大きな話題となり、本編だけでなく佐藤健のYouTube殺陣訓練の様子の動画も500万再生越えの反響を呼んでいます。

必殺技こそ叫びませんが、飛天御剣流の「龍槌閃」「双龍閃」「天翔龍閃」も再現、屋根の瓦の上をハイスピードで走り飛び降りてからの攻撃など、早回しもなしで行っているのが信じられないほどのハイレベルな殺陣を見せました。一対一も対複数相手に無双しまくる場面も、アクションシーンは見どころしかありません。佐藤健さんの代表作と言えるでしょう。
るろうに剣心 最終章 The Final /佐藤健アクショントレーニング動画

『いぬやしき』獅子神皓:冷徹すぎる悪の色気!

28 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません