鈴木勝吾、平野良、久保田秀敏、山本一慶コメント公開! ミュージカル『憂国のモリアーティ』

掲載/更新 0
鈴木勝吾、平野良、久保田秀敏、山本一慶コメント公開! ミュージカル『憂国のモリアーティ』
ミュージカル 『憂国のモリアーティ』が、5月10日(金)より開幕! 鈴木勝吾さん、平野良さん、久保田秀敏さん、山本一慶さん、鎌苅健太さんら5名の会見コメントをお届けします!
5月10日(金)より、ミュージカル 『憂国のモリアーティ』が開幕! 
コナン・ドイルの「シャーロック・ホームズ」を原案に、ホームズ最大の宿敵であるモリアーティ教授の視点で再構築された人気マンガ『憂国のモリアーティ』の舞台化作品です。

公演初日に行われた、ウィリアム・ジェームズ・モリアーティ役:鈴木勝吾さん、シャーロック・ホームズ役:平野良さん、アルバート・ジェームズ・モリアーティ役:久保田秀敏さん、ルイス・ジェームズ・モリアーティ役:山本一慶さん、ジョン・H・ワトソン役:鎌苅健太さん5名の会見コメントをお届けします。

鈴木勝吾、平野良、久保田秀敏、山本一慶コメント公開! ミュージカル『憂国のモリアーティ』

左から、ルイス・ジェームズ・モリアーティ:山本一慶、アルバート・ジェームズ・モリアーティ:久保田秀敏、ウィリアム・ジェームズ・モリアーティ:鈴木勝吾、シャーロック・ホームズ :平野良、ジョン・H・ワトソン:鎌苅健太。

ミュージカル化にあたり、脚本・演出にはダイナミックな物語創りと繊細な心理描写を得意とし、幅広い物語作りの技巧に定評がある劇団「InnocentSphere(イノセントスフィア)」の西森英行さんを迎え、音楽は多数の企業CMを手がけ、演奏家としても多くのアーティストの作品に参加している、ただすけさんが担当。
楽器の生演奏を交えた舞台作品という、ライブエンターテイメントならではの魅力を楽しんでいただけるミュージカルとなっています。

モリアーティ派? ホームズ派? どちらかというと……。

ウィリアム・ジェームズ・モリアーティ役:鈴木勝吾

【①本公演への意気込み】
ヴァイオリンとピアノ、2つの楽器の生演奏でお届けするということで、音楽面であったり、芝居面であったり、いろんな"タスク"があり、それをみんなでこなして作り上げてきましたので、カンパニーで勝負したいという思いがあります。
本番で余すことなく届けられたらいいなと思います。

【②今回の見どころ】
今回は"階級社会"がテーマになっていますが、演出家の西森英行さんを中心に、稽古の中で時代背景などの解釈を深めて作ってきました。
階級が存在することや、貴族であっても大英帝国の現状に憂いているモリアーティ兄弟の思いだったり、好奇心のままに生きるシャーロックという男の生き様であったりとか、様々ものが交錯しています。
そういった交錯する瞬間をぜひ皆さんに見て頂きたいなと思います。

【③あなたは、モリアーティ派?orホームズ派?】
元々シャーロック・ホームズをはじめ、探偵が好きなんですが、モリアーティ陣営は、世直し精神というか、体制に反旗を翻していくところがあり、そういうところが大好きなので、甲乙つけがたいのですが……。
探偵が好きなのでシャーロックです!

【④お客さまへメッセージ】
「憂国のモリアーティ」という素晴らしい作品を、ミュージカルとして改めて皆さんにお届けできるのが非常に楽しみです。
そして、観ていただくお客様にこのミュージカルを通して、現代の日本に於ける様々なことに対する問題提起として皆さんに問いかけをしていきたいと思います。
芝居や音楽だけでなく、大きなテーマを劇場で感じていただけたら嬉しいです。

シャーロック・ホームズ役:平野良

【①本公演への意気込み】
ミュージカルなので、キャスト全員の熱量が届きやすいかと思います。ストーリーに加えて、音楽面も素晴らしいのでそこをどう見せていくか。個人的には、シャーロック・ホームズに憧れていたので、それを演じることに緊張と、わくわくと……"へっちゃら感"が……。 以上、意気込みでした。

【②今回の見どころ】
登場人物がみんなキラキラしておりますので、キャラクターの魅力という“極上の謎”を提供できるのではないかと思っております。

【③あなたは、モリアーティ派?orホームズ派?】
モリアーティチームのようなダークヒーローという部分に憧れますが、実際ああいう風になれるかというとそういう度胸はないので、どちらかというと……ワトソンですね(笑)
ワトソンの人間性が自分に一番近いかなという感じがします。

【④お客さまへメッセージ】
「目で見て、楽しい」、音楽面に「耳で聞いて、楽しい」そして「見終わった後、頭で考えて楽しい」という魅力が詰まっている作品です。
そして、それを彩るキャスト陣営の魅力という"極上の謎"でお届けしますので、ぜひ劇場に遊びに来て頂けたらなと思います。

アルバート・ジェームズ・モリアーティ役:久保田秀敏

【①本公演への意気込み】
今回の作品は世界的に有名な、「シャーロック・ホームズ」シリーズを題材にした、敵役(かたきやく)のモリアーティ教授目線で描いた、新しい作り方をしています。
これは原案の「シャーロック・ホームズ」シリーズの作品を知っている方にも新鮮に感じて頂けるのではないかと思います。ミュージカルとして、生演奏の音楽で上演しますので、みなさん楽しみにして下さい!

【②今回の見どころ】
今作は、モリアーティ家の3人がメインに描かれていますが「シャーロック・ホームズ」シリーズの中では敵として描かれています。
モリアーティ家の3人には3人の正義があり、シャーロックにはシャーロックの正義がある。目には見えない、正義同士の戦いを見て頂ければなと思います。

【③あなたは、モリアーティ派?orホームズ派?】
僕はモリアーティチームですね。ダークヒーロー的な部分って"男の憧れ"のようなものがあるように思います。なので今回は、とてもやりがいを感じて楽しいです。

【④お客さまへメッセージ】
ただ原作をミュージカル化したというだけではなく、作品の中の人間模様が様々なドラマで描かれております。そこに、音楽も合わせて心情を表現しておりますので、すごい作品になっていると思います。ぜひお楽しみください。
28 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません